CBN Bike Product Review

今週のピックアップ


Prime RR-38
PEARL IZUMI 603B UV
サイスポ2017年11月号

弱虫ペダル 51

南鎌倉高校女子自転車部9

Karmar FEROX JCF公認

Michelin Pro4<br />Service Course V2

パナレーサーグラベルキング<br />700×26C



TOP >  サイクリングコース・峠・名所名物・レース > 

[名所名物] 道の駅伊豆ゲートウェイ函南(静岡県函南町)


 
sosu  2017-5-12 8:41
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[名所名物] 道の駅伊豆ゲートウェイ函南(静岡県函南町)
http://www.izugateway.com/

2017/5/1にオープンした自転車を重視した道の駅。
伊豆縦貫道と伊豆中央道の間の僅かな"下道区間"にあります。



2階テラス部分と、スポークカフェの前の2箇所に、
木製バイクラックと前輪差し込み用のオサレサイクルラックがたくさんあります。
ただこれ、ママチャリやサイドスタンドの人は、どうやって停めていいか分からない人が多そうです。
停め方の例みたいのを表示しとかないと、田舎の人は使えません。
しかもこれ、たぶん強風が吹けば自転車倒れちゃいます。
ラック部分と地球ロックして、差し込んだ前輪が抜けないようにとかしないとたぶんダメです。

木製のバイクラックは24hトイレの前にもあります。



ここの階段のスロープは50度あるので、乗ったまま乗り降りなんてことはさせない作りではあるのですが、
アホが乗ったまま降りて事故とかしないよう注意書き看板とかお邪魔ポールとか設置したほうが
良かったのではとは思います。



中庭では町内唯一のレジャー施設である
酪農王国オラッチェ
http://oratche.com/
からの出張店舗が物産販売所内にあり、牧場ソフトを食べている人が多く見られました。
食事は
スポークカフェ=カフェ
GREEN GRILL KISETSU=洋食屋
伊豆創作寿司 いず鮨=寿司
あと、鹿肉串焼きの移動販売車が来ている事も。
(鹿串屋は基本的には反射炉にいるようです)
隣接する山本食品(わさび加工食品工場)のドライブインも食事ができます。
http://www.yamamotofoods.co.jp/tourism/mishima



スポークカフェ。駐車場から近いところにあり、店の前にはバイクラックが並んでいます。
窓があるところにもカウンター席があります。
ポンプや工具貸出有り。
チューブの販売があるかどうかは分かりません。
2kmほど北にサイクルキッズ(TREK代理店)があるのでそこでも買えます。
南はう~ん・・・ホムセンぐらいしかないな。。。実質、伊豆の入り口あたりにしかロードチューブ買える店はないと思います。
ホムセンで売ればいいのに。


道を挟んだ反対側の駐車場に屋外ステージもあるので、
自転車関係のイベントもできる、というかやるつもりだと思います。
(一応、5/1に伊豆ゲートウェイ函南サイクリングコース(片道約16.4km)で数十人規模のサイクリングイベントをやったようですね)

堤防下側にも広い空き地が整地されており、これからまたなにか作るらしくそれ用の用地らしいが現状は臨時駐車場になっているので、
500人規模ぐらいのサイクリングイベントも開けるのでは?と思います。
ただ、隣町で毎年700人規模のライド&ライド狩野川をやってるので、
そのへんとの兼ね合いがどうなんでしょうか?



セブンイレブンが併設されています。
道の駅のトイレがある(1箇所は24h、もちろんウォシュレット付き等の最新式です)ので、セブンイレブンのトイレはありません。
品揃えも豊富でイートインもあります。
バイクラックの位置は、防犯カメラの死角な気がします。
車にとっては夜間はコンビニにしか用がないのに、グルッと大回りしないとコンビニに入れません。

自転車だと手前の山本食品(道の駅に隣接し通路で繋がっているドライブイン、夜間は閉鎖)のとこから歩道に入ればすぐセブンイレブンに寄れます。
そこを過ぎると縁石が途切れている箇所がないので南側の入口まで行かされてしまいます。

残りのスペースについては、観光案内の展示とか休憩所みたいな感じになっていましたが
余ったスペースだと思います。
レンタサイクルとかやろうとしたのでは?と思いますが。



チェーンが描かれたゴミ箱やパイロン。
"自転車のチェーン"と分かってもらえるんだろうか



道の駅の南側、自動車は右折入場できません。
北上してくる車は、道の駅の道路反対側にある駐車場に車を停めて、歩いてこないといけません。
その入口は、狩野川の橋を渡ったすぐのところにありますが、

中央分離帯もない道で、右側に道の駅が見えていて左に曲がれって看板だけじゃ説明不足かと思いますが、
実際はそれに従わないと右折禁止になってるのでたどり着けないという罠。



自動車輪行の場合、休日は道の駅のメイン駐車場(写真左)でなく、屋外ステージ側(写真右)の駐車場に停めたほうが良いでしょうか。
こっちはピーク時でもガラガラです。屋外ステージの裏側にトイレもあります。
ここの道の駅ができた以上は、8kmほど南にある道の駅伊豆のへそは利用しないほうが良いと思います。
元々伊豆のへそはレジャー施設に道の駅という名前が付いてるだけのようなところなのですが、
レンタサイクルも止めたままいつまでも再開しないところを見ると、
自転車乗りには来てほしくないという意思表示なんだと思います。
あとはその先にある狩野川記念公園でしょうか、
ここは近くにコンビニがあるので自動車輪行してる人が多いです。



夜の2階駐輪場。光ってます



エレベーターの2階部分にある自販機スペースのフロアは夜も入れるっぽいので、
冬は少しの間寒さを凌げるかもしれません。



自転車でお越しの場合はこんなルートがあります。
どれも遠回り。一直線で結ぶ歩道橋でもあればなぁと思います。
狩野川CR(通称)の南岸を普通に走ってた場合は、道の駅の存在に気付かないと思います。
北岸を走ってれば気付くだろう?と思うかもしれませんが、この区間、普通の人はわざわざ遠回りになるそっちを通らないんです。
狩野川CR上にも特に道の駅の案内看板はないです。

伊豆中央道の橋は、自歩道がついてるので走ることが出来ます。
トンネル手前で通行禁止になるので、そこに階段がついています。
CRから降りて道を渡って階段、なので、嫌なら遠回りという事になりますが、
このへんの橋は狭いものばかりです。

水色線のルートは歩行者自転車用の橋が別に付いています。

南岸のCRについては、江尻樋管工事にて平成31年(=2019、つまり2年も!)2月27日までの工事期間となっており、
通行止めは1/10から始まっているようです。



アップにするとこんな感じ。
道の駅の全敷地MAPみたいのが現地になかった気がします。
いつも思うけど、HPの案内って、駐輪場の位置が書かれてないですね・・・



自動車でお越しの場合のルートはこちら。
伊豆中央道から北上で来て、側道に入り損ねた場合は
次のランプを左に上って、信号を右折して陸橋を越え、降りたら信号左折でUターンすると来れます。
この案内は現地に無いので、ナビにも反映されて無く右折禁止だらけなので迷うと思います。


価格評価→★★★★☆
評   価→★★★★☆ まだこれからですね

















新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新100件)

SHIMANO SL-3S90  (シフトレバー)  2017-9-24 15:44  KDR
SHIMANO XTR PD-M9020  (ペダル)  2017-9-19 23:21  kuromitsu2
OGK XF-1 ADJUSTER  (ヘルメット)  2017-9-19 19:38  baru
J&C JC-015  (カギ)  2017-9-18 22:35  sosu
SAIKO 4365 リング錠  (カギ)  2017-9-18 22:06  sosu
Fabric TOOL KEG BOTTLE  (ボトル)  2017-9-17 18:22  canzana7
TIOGA MonoBlock XL  (ペダル)  2017-9-14 1:45  jisakufree
ISM ADAMO PR1.0  (サドル)  2017-9-10 10:23  biriken3
GIYO GF-31  (フロアポンプ)  2017-9-7 20:34  sosu
Wellgo R096B  (ペダル)  2017-9-6 1:17  jisakufree
Selle Anatomica X2  (サドル)  2017-8-23 14:39  kuro_sirius
ELITE VICO CARBON  (ボトルケージ)  2017-8-22 23:45  baru








CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review