CBN Bike Product Review

今週のピックアップ


Prime RR-38
PEARL IZUMI 603B UV
サイスポ2017年11月号

弱虫ペダル 51

南鎌倉高校女子自転車部9

Karmar FEROX JCF公認

Michelin Pro4<br />Service Course V2

パナレーサーグラベルキング<br />700×26C



TOP >  ロードホイール > 

American Classic 420 Aero Series3


 
Minagi_Ichirino  2017-3-6 23:34
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
American Classic 420 Aero Series3
購入価格 ¥81270- (ワールドサイクル)



 ツール・ド・フランスなどの出場チームにも、ちょいちょい供給を続けてたりするものの、国内ではいまいち知名度のないホイールメーカー、アメリカンクラシック。
 ちょくちょくモデルチェンジしつつも、現在もメーカーのボリュームレンジを担ってる、アルミクリンチャーホイールです。

 名前の420というので間違えやすいが、リムハイトは34mmで、リム重量が420gという意味でありました。
 リムハイト34mmのアルミリムで420gってかなり軽いんじゃないかな。

 自分の手にしたモデルは2012年モデルで、この年式はカラーラインナップが3色あり、白、黒、そしてピンク色というラインナップ。
 ピンク色はやはり合わせるバイクが難しいからか、なかなか売れ残り、他の色に比べて何年かカタログに残っていました。

 ワイドリムが台頭しているシーンにおいて、リム幅は21mm程度で、更にブレーキ面のCNC加工もやや細く、このホイールには25Cよりも23Cが似合いそうです。
(2017年現在の420エアロ3はモデルチェンジして、若干リム幅が広がってるようです)

 ……本当に、明らかにリム幅細いので、他のホイールと付け替えたりして運用したいときは、ブレーキの調整を強いられます。


・実際に履いて、走らせてみた感想としては、なかなか良く走るホイールです。
 リムハイトが34mmというだけあって、ハンドリングに対しての剛性感があり、ステアしていった時のシャープさを感じます。

 エントリーグレードのマビック・アクシウムや、ミドルレンジのカンパニョーロ・ゾンダとくらべても、この感覚は際立つ感じですね。

 ステアリングを切って、カーブに入って行く時の感覚がピュアといいますか、雑味が少ない。
 細かいコントロールを受け入れてくれるし、それに対してのレスポンスもいい。
 リムが軽いからか、立ち上がりのピックアップもいいし、高速域の伸びも楽しめる感じがあります。
 もっとも、スピードの伸びはリムというよりも、評判のいいハブの回転の良さからくるものかもしれませんが……


 ただ、やっぱりつぎはぎのアスファルトの目立つ不整地や、林道などガレたアスファルトはあまり得意ではなさそうです、シャープなハンドリングとのトレードオフでしょうか、路面の変化に対して、ややナーバスな印象を受けます。

 ホイールの硬さはあまり感じないのですが、路面追従性はそれほど良さを感じないですね、バンピーなサーフェイスでは、踏み込んでいった時に、後輪がやや跳ねてしまうような印象も受けます。
 この側面は、タイヤやチューブを吟味して解決するのが良さそうですね。

 リムそのものも軽いのですが、精度や堅牢性に関しては、どうかな?という感じも。
 剛性感はある程度あるのですが、リムブレーキ面の精度があまりよろしくなく、ブレーキを掛けた時に「クンッ、クンッ」とやや、引っかかるような、ストッピングパワーが振れるような感じがあります。
(これは単に、個体差なのかもしれませんが!)

 ペア重量は1500g台中盤ということで、アルミリムでリムハイト30以上あるというのであれば、なかなかいいスペックですし、実際履いて、いろんなシチュエーションで走らせて、このスペックに概ね偽りない感じはします。
 確かに、ゾンダよりもワンランク上のモデルという印象でしょうか。

 ラチェット音はグリスが馴染んできて以降もかなり静かです、品のいい音と言っていいんじゃないでしょうか。
 

・マイナーですが、なかなか悪くないホイールだと思います。
 特に前後ハブの回転の良さと、走っている時の気持ちよさは、ミドルグレード以上の楽しみがあると思います。
 ハブの回転の良さや適度なリムハイトから、前に出ても、後ろについてても、平地をグイグイ進んでくれるし、アップダウンやヒルクライムもリムの軽さから決して苦手ではない。
 市街地の信号峠なんかも、きちんとギアを選んで走れれば、ピックアップの良さから、気持良く巡航速度に乗ってくれます。

 もちろん、ヒルクライムも行けるけれど、単純にヒルクライムに行くなら、もうちょっと横剛性が欲しいかな。

 やはりレースユースよりも、一般道を走るロングライド、尾根幹や房総丘陵などの、淡々とアップダウンを越えて走る道が似合うかな。
 アルミリムなので、カーボンリムに比べると、長距離を走った時によくあるにわか雨や、長い下り坂でも信頼が置けそうです。

 とはいえもっと良いものも多く、いまさらナローリムのこのホイールをチョイスする理由はなかなか見つからないとは思いますが……ひと味ちがうホイールを探しているなら、アリ、かも知れません。


価格評価→★★★★☆(定価は10万ちょっと、すごくコスパが良いわけではないけど、そう悪くはない)
評   価→★★★★☆(欠点もありますが、概ねふつうに良いホイールだと思います)
<オプション>
年   式→2012
カタログ重量→ 1545g
















新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新100件)

SHIMANO XTR PD-M9020  (ペダル)  2017-9-19 23:21  kuromitsu2
OGK XF-1 ADJUSTER  (ヘルメット)  2017-9-19 19:38  baru
J&C JC-015  (カギ)  2017-9-18 22:35  sosu
SAIKO 4365 リング錠  (カギ)  2017-9-18 22:06  sosu
Fabric TOOL KEG BOTTLE  (ボトル)  2017-9-17 18:22  canzana7
TIOGA MonoBlock XL  (ペダル)  2017-9-14 1:45  jisakufree
ISM ADAMO PR1.0  (サドル)  2017-9-10 10:23  biriken3
GIYO GF-31  (フロアポンプ)  2017-9-7 20:34  sosu
Wellgo R096B  (ペダル)  2017-9-6 1:17  jisakufree
Selle Anatomica X2  (サドル)  2017-8-23 14:39  kuro_sirius
ELITE VICO CARBON  (ボトルケージ)  2017-8-22 23:45  baru








CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review