CBN Bike Product Review
TOP >  その他(パーツ以外) > 

東京湾フェリー


 
baru  2017-2-6 0:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京湾フェリー
運賃 ¥1210(久里浜⇔金谷 自転車片道)

東京湾の出口付近(久里浜港-金谷港)の浦賀水道を横断するフェリー。自転車をそのまま積み込むこともできます。


■使用動機
チャレンジコースである「東京湾一周」を走る時に必ず使うフェリーです。その他にも、房総半島南部を走りたい場合に使うこともあります。


■路線概要
神奈川県の久里浜港と、千葉県の金谷港を結んでいます。距離は約10km。乗船時間は約40分です。運転間隔は大体1時間に1本。目の前で逃すと1時間待ちになります。

就航しているのは「しらはま丸」「かなや丸」の二台。

料金は、大人1人720円。自転車が一緒の場合、車両運賃490円が別途掛かります(料金は2017年2月現在)。


■使用感
主に東京湾一周ライドの際に利用します。

(1) 乗船方法
予約制ではなく、先着順。久里浜港・金谷港にあるチケット売り場でチケットを購入します。窓口と自動販売機両方あり。私はいつも窓口で購入しています。


乗船まで時間がある場合には、チケット売り場の横に食堂があります。安くて美味しい。

チケットを購入後、乗船が始まるのは出発の15分前くらいが目安です。自転車は、車よりも先に乗船が開始されるため、早めに待機場所に行っておく必要があります。


チケットを係の方に確認してもらったら乗船開始。走って、フェリー下部の車両甲板に入ります。

(2) 格納場所

車両甲板の手すり部分に、係員の方によって固定されます。手すりには緩衝材が巻いてあり、係員の方も手慣れているので安心です。タイヤの下には、動かないようにストッパーも付けてくれます。

甲板にある階段を登ると、客席に行くことができます。

(3) 船内
客室は1階と2階の2フロア。


客席はゆったり座れる席が多数。基本、満員になることはまず無いです。割りと席は選び放題ですね。



船内には売店があり、軽食を買うこともできます。自動販売機やトイレも完備。



ビンディングシューズの人向けのスリッパもあり。心遣いが嬉しい。


デッキに出ると、東京湾を一望! 海ほたるなども見えます。潮風が気持ちいい。

(4) 下船方法
船が完全に停止したら、車両甲板に行きます。乗船時と逆で、車が全て降りてから自転車が降りることになります。

乗船時と同様、走って下船します。下船時、フェリーの扉が開く瞬間は中々見ものだと思います。



■まとめ
料金以上にしっかりしたフェリーです。たった40分ですが、旅情を感じられて私は好きですね。割りと客席の椅子が心地よく、大抵は寝てしまっていますが。

アクアラインの開通で利用が減っているそうなので、及ばずながらこれからも使っていく予定です。


価格評価→★★★★☆(遠回りすることを考えれば安い)
評   価→★★★★★(短いけど、楽しい船旅)


東京湾フェリー を















新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新60件)

Syncros XR1.5  (サドル)  2017-3-15 19:03  canzana7
FFC METAL GRIP  (グリップ)  2017-3-15 9:22  saejii












CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review