CBN Bike Product Review
TOP >  その他のパーツ > 

SHAKES HOOD(ブラケットカバー)


 
hipparidonky  2017-2-4 17:27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHAKES HOOD(ブラケットカバー)
購入価格 ¥2916(ウエムラサイクルパーツ)

http://www.shakes.tokyo/products/index.html

シマノ11速コンポのアルテグラ、105と4700ティアグラに「のみ」対応する社外品ブラケットカバー。当初90デュラや9070、6870用も発売予定とのことでしたが、91デュラが発売された以上、90用は出ないのではないでしょうか‥

シマノ純正品のブラケットカバー(以後カバー)が折れシワだらけになってしまったのを契機に購入。ちなみにamazonでは3600円ぐらいで売られていますが、前述のお店で安かったのでつい。

購入したのはソフトタイプ(硬度50)で純正品より少し柔らかめでした。STIをハンドルに付けたままカバーを交換したのですが、純正よりはスルッと入りました。ハードタイプは純正より少し硬めらしく、ハードもソフトも基準はシマノ純正品、という認識でいいと思います。

内側の滑り止めの突起も純正と同じで、当然のようにピッタリSTIに嵌ります。以前67アルテや79デュラの時にファー&なんちゃらとかトーケソのカバーに替えたこともあるのですが、突起の位置がズレていて浮いたり、走っている最中にグネグネ動いたこともあるのでこれは優秀ですね。

素手で握った感じは「ちょっと柔らかいぐらいかな?」と思いましたが、路面の悪い峠の下りを走ってみると今までよりは手のひらが痺れなくなった気がします。ほんの少しですが。
かといって、ダンシングで振るような動作でもグネる感じはなく、STIに密着しているのは確かなようです。
グリップ内側には滑り止めのような加工がしてありますが、これは素手で乗る人には有効ではにでしょうか。私は基本グローブをしているのでよく分かりませんが、汗をかく季節にはいいのではないかと。

私は非常に気に入りました。本当は真っ黒が欲しかったのですが店頭になく、やむなくピンクラインを買いましたがカラーコーデしたいという目的で買っても損はないと思います。
純正がおよそ900円前後で買えることを思うと高い買い物ですが、ファー&ニアもトーケンも同じぐらいかより高い値段だったりしますので、だったらこちらをオススメします。

そんなに長期間使ってないので不明ですが、水分やら油分にも強く作ってるという触れ込み通りなら、純正のようにベタついたりすることもないのかもしれません。これは経過観察ですね。


価格評価→★★★★☆(どこのもこのぐらいするでしょうけど安くはない)
評   価→★★★★☆(ゴム部品にそこまでの価値を見出せるかどうかによります)
<オプション>
年   式→ 2017
カタログ重量→ 40g(メーカー発表)


 
Minagi_Ichirino  2017-5-10 1:19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHAKES HOOD(ブラケットカバー)
購入価格 ¥4320 (Bianchi外神田・Store限定カラー) ¥3240(ワールドサイクル・通常版チェレステ)


 バーテープに比べてなかなか選択肢も多くなく、そんなに純正から変える人も多くないと思われるブラケットフード。
 確かにバーテープに比べると、STIをつけたままでは交換しやすいとは言いがたく、多少汗や手垢でヘタってきても、どうしても交換が及び腰になってしまうパーツです。
 以前のレビューの方が書かれてるように、6800系アルテグラ、5800系105、4700ティアグラにのみ対応。デュラエース対応のものは未発売。

 Bianchi限定モデルは硬度50のソフトタイプ、一応他には硬度70のハードタイプもある模様。

 自分が使ったのはソフトタイプの方。

 サイドロゴも色鮮やかで黒いゴムの上に塗っているにも関わらず、発色もよく、きれいなワンポイントに使えます。
 ちなみに、このサイドロゴの塗装はプリントではなく、職人さんが毎日一つ一つ手作業で塗っています。 お台場シクロクロスの際に直接メーカーの人に聞いた話……なので、将来的には好みのカラーオーダーも出来そうな感じもします。


 振動の吸収性も良いとか、グリップ感が良いとか、バイクコントロールが良くなるとか言われてますが、実際のところ使ってみて「???」という感じも。
 握った感じは純正とほぼ大差ない感じで、違うな、という感じはグリップ感、表面に施されたボツボツの加工の部分でしょうか。
 
 実際ロードバイクを道路で走らせてると、そんなにハンドルを握りたおしたり、体重をかける場面って多くないので(人にもよるでしょうが!) メーカーの謳っているグリップ感やコントロール性と言うのは、コレに変えることで、そこまで大きな恩恵を受けられるわけではなさそうに感じます。
 
 ただ、シクロクロスなどにある、強烈なドロップオフセクションでのこのグリップ感は確かに良さそうな感じ……以前、何度かコースによってはハンドルから手が離れてしまう程のドロップオフを経験してるだけに、そういうハードなコースでは良いパーツかもしれません。
 
 それに、確実にモノはいい。

 厚みも絶妙だし、STIに取り付けた時の立て付け感もいい、ちゃんとフィットするし、握った時の「あ、いい感じ」という感じはある。

 1年間、約12000km程度使って来て、手垢や汗も、暑さも寒さも、いろんなシチュエーションでハードに使ったけれど、べろべろになったりせず、きちんと洗ってあげればきっかりと新品のパフォーマンスを発揮してくれる。
 それまで使っていた純正のブラケットフードだと、どうしても手汗を吸ってべろべろになって、クニクニ動いてしまうことがあったのだけど、そういうのがいくらか低減されてるように感じます。
(擬態語ばかりでごめんなさい)

 サイドロゴも使ってきて、紫外線でひび割れたり、溶け流れたりもなく、手垢で汚れたりはしますが、洗えばすぐに綺麗になるという感じで、本当にこう言うところも良く出来ている。

 グリップが強く、それだけに手垢が溜まりやすい感じもあり、これは定期的に洗ってあげる必要がありますが、洗うときにパーツクリーナーなどの有機溶剤は厳禁。
 注意書きには無いものの、有機溶剤で洗うと、せっかくのサイドロゴが溶けて消えてしまいます。
 なので、洗うときは食器用洗剤などでゴシゴシ泡立ててから、水で洗い流すのが良さそうです。

・ちなみに純正でビアンキ対応の「チェレステ」がラインナップされてますが、この色も絶妙です。
 2010年前後や90年代終盤の「ニューチェレステ」的な、ややスモーキーな色合いをよく再現出来ていて、色塗りの職人さんも「チェレステの色は何度も調色して、それで満足する色を再現したんだよ」という自信作。
 これは良い。



 逆にBianchi限定の、ShakesロゴがBianchiロゴになっているモデルのチェレステはやや緑が強く、近年など、2016モデル前後……InfinitoCVやIntenso、XR4あたりの濃い目のチェレステには似合いそうな感じです。


価格評価→★☆☆☆☆(自分はこの価格を理解できるが、シラフの人にはお世辞にも手を出しやすい価格とは言いがたい)
評   価→★★★★☆(確かにモノは良い、価値が分かる人には、決して高くはないとわかるはず!)
<オプション>
年   式→2016&2017
カタログ重量→ 40g
 
ReClimber  2017-9-8 18:14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHAKES HOOD(ブラケットカバー)
購入価格 確か¥3000位だった。(定価)Y'sRoad神戸店にて



購入し装着が2017年の5月、
現在9月まで三ヶ月半、約2500kmほどの使用感です。

購入動機は、単純に見た目のドレスアップ。
価格はシマノ純正が1000円以下で売っていることから3倍程。
色は型番SH-6800S-SY10の
SHOCKING YELLOW(ショッキングイエロー)。
硬さはソフトタイプとハードタイプがあり、ソフトタイプを選びました。

装着感としては、狙い通りCaad12ネオンイエローにマッチした感じです。
若干色味が違いますが、Shakesのカラー部分の面積が小さい為なのか、違和感は感じません。

新品のころのブラケットフード。非常に発色がよく美しい!



LZPT2IB氏のこのレビュー、
『カラーコーディネート』
を思い出しました。
http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=4810&forum=47&post_id=25879#forumpost25879


使用後2ヶ月程のブラケットフード。つぶつぶが結構残っています。

使用後2ヶ月程の、カラー部分。黒い部分が溶けだしています。


使い始めは、見た目が気に入っていましたが、約3ヵ月使用した現在ではかなり表面の劣化が進んでしまったようです。
表面のイボイボは、見えにくくなりました。
摩耗とベタつきが強く、肝心のカラーの部分に、溶けた黒のフードが流れて固まってしまっています。(擦ると取れますが、すべて取りきるのは難しい。下手に取るとSTIに付着してしまいますし。)

今現在のグリップ感は、グローブ越しにネチャネチャとした感覚が伝わり、グローブも黒く染まっています。グリップが良いと言えばそうなのですが、ブラケットフードを握っていて、手を離そうとすると粘着力でグローブが離れにくい事もあり、少し危険な場面もありました。
ソフトタイプの柔らかさは、使い始めから、鈍感力も手伝って衝撃吸収などの面で純正との違いを感じる事は出来ませんでした。

ここまでネガティブな事ばかりを書きましたが、ブラケットフードとしての機能が破綻している訳ではありません。STIから外れること無く、純正と変わらない機能に加え、カラーコーディネートができる良い商品です。

ただ、確か劣化を感じ始めたのが7月頃からですので、耐久性はあまり高くない?のかなと思われます。価格的に純正の3倍程で、純正の半分以下の耐久性ということは、大げさに言うと10倍近くの…
…いやデザインが良いから…
もしかすると販売店の在庫期間が非常に長かったのかも知れませんし。


次買うか、と聞かれると
耐久性の面で引っかかるものの、このデザインは気に入ってしまってますので、迷うかと。

価格評価→★★★☆☆(自分的には★3つ、単純考えると高い)
評   価→★★★☆☆(人には勧めにくいよなぁ)

約4ヵ月使用後の現在の状態です。



まぁこんなものなのかなぁ。
 
baru  2018-3-14 21:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHAKES HOOD(ブラケットカバー)
購入価格 ¥3000前後 (サイクルキューブ購入)

アウタートップの展開するシマノ互換ブラケットカバー。シマノ純正よりも柔らかい「ソフト」と、硬い「ハード」がありますが、今回は「ハード」のレビューです。


■購入動機
BOTTECCHIAのフレームにコンポを載せ替える際に取り付けてもらいました。

想定外のタイミングでSCOTT FOILに亀裂が見つかったので、基本的にはすべてのパーツは載せ替え。ですが、ブラケットカバーは4年間の使用でくたびれていたので交換することに。

私は基本的には全ての自転車を「黒メイン、赤刺し色」でまとめていますが、今回のBOTTECCHIAのフレームは赤の割合が低め。さらにサドルを赤くしているので、同じ高さのラインに来るハンドル付近にも赤を入れたい……と言うことで、Shakesを使ってみることにしました。もともと、気にはなっていたので。

幸い、STIは6800を使用中だったので、それをそのまま使用し、ブラケットカバーのみをShakesに置き換えることになりました。最後まで迷ったのは、「ソフト」「ハード」のどちらにするかということ。調べてみると、出てくるインプレは「ソフト」のものばかりで、「ハード」のインプレは皆無。

レビュワー的には、誰もインプレしていない物の方がより興味をそそられるので、今回は「ハード」を選びました。どちらにしろ、レース用のロードでロングライドに使用する気はないし、ちょうど良いかなと。


■製品概要
実測重量は未測定。公称重量は40gです。前述のようにソフト/ハードがあります。

対応するSTIは以下。

 ・ST-6800
 ・ST-5800
 ・ST-4700
 
カラーバリエーションは全13色。私はREDを選びました。


■使用感

ST-6800に取り付けて使用しています。使用開始が12月で、現在3か月弱の使用期間でのレビューとなります。

(1) 取り付け
店に丸投げしてしまったので不明です。

(2) 色
私がこのパーツに一番求めたのは色です。


良い位置に赤が入ってくれました。サドルと同じラインに赤を入れたかったものの、バーテープを赤にするのは好きではなく(黒以外は汚れが目立つから)。ロゴ部分は撥水加工されており、汚れにくいのもgoodです。

全13色がラインナップされており、大抵のバイクカラーに合わせられるのは良いですね。

(3) 性能
よく「手に吸い付くようなグリップ」と評されますが、グリップ力は、

 ST-6800 < 本製品 < ST-9001

と言う印象。「ハードタイプはシャッキリとしたハンドリング」と、メーカーの社長は述べていますが、それはよく分からず。


表面の指が来る位置にはシボと呼ばれる小さな突起が付いています。目的は滑り止めと、排水の促進。雨天ライド研究家の私としては、雨での滑りにくさを重視しているのは好印象です。

試しにグローブをびしょびしょに濡らした状態でブラケットを握ってみましたが、この状態ではST-9001を上回る滑りにくさでした。ウェット状態では本製品に分があると思います。

快適性については、100㎞走行程度では特段の差も無く。「ハード」というくらいだから振動をガンガン伝えてくるのかと思いましたが、純正との差は読み取れるほどではありませんでした。

200km、300kmと距離が延びると快適性には差が出てくるのかもしれません。今年の東京糸魚川ファストランではBOTTECCHIAを使おうと思っているので、そちらでテストした結果を後で書こうと思います。

(4) 耐久性
取り替えてから1500㎞程度の使用ですが、劣化はまだ見られません。特に表面もベトベトすることはなく使えています。室内でのローラー使用がほとんどなので、野外使用が増えると少し変わってくるかも。ソフトよりはハードのほうが耐久性があるそうです。

(5) その他
使ってみてよかったら他のロードにも適用しようかと思っていたんですが、この製品はDuraには付かないんですね。現状は、Ultegra/105/Tiagraのある世代のみのラインナップ。実際一番数が出るのはミドルグレードでしょうし、金型や在庫リスクを考えると潔いとも言えます。

ただ、Campagnolo愛用の妻も使ってみたいと言っているので、対応製品の増加を期待します。あと、そろそろR8000対応しないと不味いのでは……?


■まとめ
色目当てで購入したので、現状は満足しています。値段は純正の3倍強ですが、その価格でこれだけ綺麗な赤が入れられるのなら文句はありません。性能については、世間で言われているほど凄いという気はしませんが、純正の不満な部分を細かく潰してきているのは好印象。

惜しむらくは、SHIMANOのミドルグレードのみ対応という点。対応製品が増加すると嬉しいのですが、なかなか難しそうな感じ。

気になるのは耐久性と、200km以上の長距離を走ったときの快適性でしょうか。そこは追加レビューで書きたいと思います。


価格評価→★★★☆☆(適価だと思います)
評   価→★★★★☆(性能、色ともにお気に入り)

この商品を探すAmazon, Rakuten, Wiggle, CRC, Bellati, PBK, Tweeks, Evans, Ribble








主要ショップ セール&クーポン情報

ショップセール&クーポン
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧
Bellati SportsCBNイチ推し! アウトレットロード完成車各種を大放出価格にて提供中。日本語サポートあり
Bellati SportsMavic Cosmic Pro Carbon SL UST 送料込み15.1万
Bellati SportsPowerTap P1 8.9万・P1S 5.8万円
Bellati SportsVittoriaホイール各種取扱い開始
ProbikekitCBN75 37,500円以上購入で7.5%OFF
ProbikekitCOMPO10 対象コンポーネント10%OFF
ProbikekitTOP10 使用で対象商品10%OFF
ProbikekitSPORT25 使用で対象サイクリングウェア10%OFF
ProbikekitTYREMB 使用でタイヤ2本で5%, 4本で10%OFF
ProbikekitCBMB 使用で対象Camelbak製品2点で10%OFF・4点で15%OFF
amazon.co.jpAPAPR06 対象スポーツウェア15%OFF(〜5/7)
amazon.co.jp携帯ポンプの新基準!人気のOtureポンプ互換品PROSTAR(BLACK BIRD) ¥2,000
MyProtein毎日のように割引率が変わります。サイトでチェック!
Chain Reaction CyclesCLEAR2018 セール品¥15,000で¥2,000 OFF
Chain Reaction CyclesSAVECOMP コンポ・ホイール¥11,250で¥1500 OFF
Chain Reaction CyclesSAVEBIKE 対象バイク・フレーム15万で3万円OFF
Chain Reaction CyclesSAVECSP 対象ウェア関連¥15,000で¥2,250 OFF
WiggleOUTFIT08 対象サイクリングウェア ¥15,000円で ¥2,250 OFF
WiggleOUTFIT22 対象サイクリングウェア ¥30,000円で ¥6,000 OFF
WiggleGETTHERE8 新規限定 ウェア¥9,000で¥1,500 OFF
ProbikekitSHOE15 シューズ15%OFF
ProbikekitWH5 対象ホイール5%OFF
ProbikekitCLOTH15 対象ウェア15%OFF
Tweeks CyclesTACX NEO SMART TRAINER 日本円で15万ですが£決済ならもっとお安く!!
Ribble CyclesTURBO10 対象ターボトレーナー10%OFF
Merlin CyclesSelle San Marco最大59%OFF
Evans CyclesGORE20 GORE製品20%OFF





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー


自転車あるある  (JOKE)  2018-4-20 17:24  asatamagawa
Hydrapak GEL BOT  (ボトル)  2018-4-14 17:25  neri
ELITE FLYボトル  (ボトル)  2018-4-13 23:06  baru
WOODMAN Capsule N  (ヘッドパーツ)  2018-4-11 21:20  baru
SHIMANO WH-M775  (MTBホイール)  2018-4-11 9:35  saejii
SHIMANO CN-6600  (チェーン)  2018-4-10 21:30  baru
Time Xpresso 4  (ペダル)  2018-4-5 22:38  ManInside








CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review