CBN Bike Product Review
TOP >  その他のパーツ > 

SHAKES HOOD(ブラケットカバー)


 
hipparidonky  2017-2-4 17:27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHAKES HOOD(ブラケットカバー)
購入価格 ¥2916(ウエムラサイクルパーツ)

http://www.shakes.tokyo/products/index.html

シマノ11速コンポのアルテグラ、105と4700ティアグラに「のみ」対応する社外品ブラケットカバー。当初90デュラや9070、6870用も発売予定とのことでしたが、91デュラが発売された以上、90用は出ないのではないでしょうか‥

シマノ純正品のブラケットカバー(以後カバー)が折れシワだらけになってしまったのを契機に購入。ちなみにamazonでは3600円ぐらいで売られていますが、前述のお店で安かったのでつい。

購入したのはソフトタイプ(硬度50)で純正品より少し柔らかめでした。STIをハンドルに付けたままカバーを交換したのですが、純正よりはスルッと入りました。ハードタイプは純正より少し硬めらしく、ハードもソフトも基準はシマノ純正品、という認識でいいと思います。

内側の滑り止めの突起も純正と同じで、当然のようにピッタリSTIに嵌ります。以前67アルテや79デュラの時にファー&なんちゃらとかトーケソのカバーに替えたこともあるのですが、突起の位置がズレていて浮いたり、走っている最中にグネグネ動いたこともあるのでこれは優秀ですね。

素手で握った感じは「ちょっと柔らかいぐらいかな?」と思いましたが、路面の悪い峠の下りを走ってみると今までよりは手のひらが痺れなくなった気がします。ほんの少しですが。
かといって、ダンシングで振るような動作でもグネる感じはなく、STIに密着しているのは確かなようです。
グリップ内側には滑り止めのような加工がしてありますが、これは素手で乗る人には有効ではにでしょうか。私は基本グローブをしているのでよく分かりませんが、汗をかく季節にはいいのではないかと。

私は非常に気に入りました。本当は真っ黒が欲しかったのですが店頭になく、やむなくピンクラインを買いましたがカラーコーデしたいという目的で買っても損はないと思います。
純正がおよそ900円前後で買えることを思うと高い買い物ですが、ファー&ニアもトーケンも同じぐらいかより高い値段だったりしますので、だったらこちらをオススメします。

そんなに長期間使ってないので不明ですが、水分やら油分にも強く作ってるという触れ込み通りなら、純正のようにベタついたりすることもないのかもしれません。これは経過観察ですね。


価格評価→★★★★☆(どこのもこのぐらいするでしょうけど安くはない)
評   価→★★★★☆(ゴム部品にそこまでの価値を見出せるかどうかによります)
<オプション>
年   式→ 2017
カタログ重量→ 40g(メーカー発表)


 
Minagi_Ichirino  2017-5-10 1:19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SHAKES HOOD(ブラケットカバー)
購入価格 ¥4320 (Bianchi外神田・Store限定カラー) ¥3240(ワールドサイクル・通常版チェレステ)


 バーテープに比べてなかなか選択肢も多くなく、そんなに純正から変える人も多くないと思われるブラケットフード。
 確かにバーテープに比べると、STIをつけたままでは交換しやすいとは言いがたく、多少汗や手垢でヘタってきても、どうしても交換が及び腰になってしまうパーツです。
 以前のレビューの方が書かれてるように、6800系アルテグラ、5800系105、4700ティアグラにのみ対応。デュラエース対応のものは未発売。

 Bianchi限定モデルは硬度50のソフトタイプ、一応他には硬度70のハードタイプもある模様。

 自分が使ったのはソフトタイプの方。

 サイドロゴも色鮮やかで黒いゴムの上に塗っているにも関わらず、発色もよく、きれいなワンポイントに使えます。
 ちなみに、このサイドロゴの塗装はプリントではなく、職人さんが毎日一つ一つ手作業で塗っています。 お台場シクロクロスの際に直接メーカーの人に聞いた話……なので、将来的には好みのカラーオーダーも出来そうな感じもします。


 振動の吸収性も良いとか、グリップ感が良いとか、バイクコントロールが良くなるとか言われてますが、実際のところ使ってみて「???」という感じも。
 握った感じは純正とほぼ大差ない感じで、違うな、という感じはグリップ感、表面に施されたボツボツの加工の部分でしょうか。
 
 実際ロードバイクを道路で走らせてると、そんなにハンドルを握りたおしたり、体重をかける場面って多くないので(人にもよるでしょうが!) メーカーの謳っているグリップ感やコントロール性と言うのは、コレに変えることで、そこまで大きな恩恵を受けられるわけではなさそうに感じます。
 
 ただ、シクロクロスなどにある、強烈なドロップオフセクションでのこのグリップ感は確かに良さそうな感じ……以前、何度かコースによってはハンドルから手が離れてしまう程のドロップオフを経験してるだけに、そういうハードなコースでは良いパーツかもしれません。
 
 それに、確実にモノはいい。

 厚みも絶妙だし、STIに取り付けた時の立て付け感もいい、ちゃんとフィットするし、握った時の「あ、いい感じ」という感じはある。

 1年間、約12000km程度使って来て、手垢や汗も、暑さも寒さも、いろんなシチュエーションでハードに使ったけれど、べろべろになったりせず、きちんと洗ってあげればきっかりと新品のパフォーマンスを発揮してくれる。
 それまで使っていた純正のブラケットフードだと、どうしても手汗を吸ってべろべろになって、クニクニ動いてしまうことがあったのだけど、そういうのがいくらか低減されてるように感じます。
(擬態語ばかりでごめんなさい)

 サイドロゴも使ってきて、紫外線でひび割れたり、溶け流れたりもなく、手垢で汚れたりはしますが、洗えばすぐに綺麗になるという感じで、本当にこう言うところも良く出来ている。

 グリップが強く、それだけに手垢が溜まりやすい感じもあり、これは定期的に洗ってあげる必要がありますが、洗うときにパーツクリーナーなどの有機溶剤は厳禁。
 注意書きには無いものの、有機溶剤で洗うと、せっかくのサイドロゴが溶けて消えてしまいます。
 なので、洗うときは食器用洗剤などでゴシゴシ泡立ててから、水で洗い流すのが良さそうです。

・ちなみに純正でビアンキ対応の「チェレステ」がラインナップされてますが、この色も絶妙です。
 2010年前後や90年代終盤の「ニューチェレステ」的な、ややスモーキーな色合いをよく再現出来ていて、色塗りの職人さんも「チェレステの色は何度も調色して、それで満足する色を再現したんだよ」という自信作。
 これは良い。



 逆にBianchi限定の、ShakesロゴがBianchiロゴになっているモデルのチェレステはやや緑が強く、近年など、2016モデル前後……InfinitoCVやIntenso、XR4あたりの濃い目のチェレステには似合いそうな感じです。


価格評価→★☆☆☆☆(自分はこの価格を理解できるが、シラフの人にはお世辞にも手を出しやすい価格とは言いがたい)
評   価→★★★★☆(確かにモノは良い、価値が分かる人には、決して高くはないとわかるはず!)
<オプション>
年   式→2016&2017
カタログ重量→ 40g


SHAKES HOOD(ブラケットカバー) を















新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新60件)

GIANT PROWAY  (ボトルケージ)  2017-5-28 23:51  LZPT2IB
DAZN  (その他(パーツ以外))  2017-5-28 22:28  baru
GIRO×MASH DND gloves  (グローブ)  2017-5-26 22:57  LZPT2IB












CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review