CBN Bike Product Review

今週のピックアップ


Prime RR-38
PEARL IZUMI 603B UV
サイスポ2017年12月号

弱虫ペダル 51

南鎌倉高校女子自転車部9

Karmar FEROX JCF公認

Michelin Pro4<br />Service Course V2

パナレーサーグラベルキング<br />700×26C



TOP >  ペダル > 

TIME expresso4


 
sole  2016-11-12 14:02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TIME expresso4
購入価格 ¥7109(wiggle、2014/10当時)

crankbrothersのeggbeaterから移行してきたペダル。初ロードペダルである。
導入から、早いもので2年もたつので、ロングタームレビュー、と言っていいのかな?

【導入の経緯】
当方、もう10年以上も左右の腸脛靭帯炎と付かず離れずのお付き合いをさせていただいていて、ずいぶん膝を痛めやすいたちである。TIMEペダルは、「首ふり+ラテラル(軸と平行)のフローティングにより、膝に優しい」がふれ込み。これならあるいは、と狙っていたもの。eggbeaterも明瞭に謳ってはいないが、わりと自由な首振りの感覚と、わずかなフローティングがあるので、性格が似ていると思っていたが狙いどおり。
移行のためのポジション計測や適応にはだいぶ手間をかけたが、ロードペダルの安定した踏み心地の恩恵は受けつつ、違和感ほとんどなしで移行することができた。

(といいつつ、移行後2ヶ月ほどして派手に膝を痛めた。まぁこれはスポーツバイク以外にも普段の姿勢や動きのアンバランスから蓄積されていた何かがあったらしいのだが。以上余談)

【脱着】
クリートを開放した状態が維持されていて、ステップインのときにストッパーを踏み下ろすことで固定されるという構造はIclicと同様。ルックペダル以上にアルペンスキーのビンディングの感じに近い扱い方と言える。
ペダルが開放状態で待っていることによるクリートのはめやすさはMTBペダルから乗り換え組みにはとてもメリットが大きかった。
ちなみにステップインが「パチーン」とわかりやすい時と、「パチッ」と曖昧な時がある。ちょっとした平行度の違いからだろうか?クリート開放時も、「バキッ」とか「ガコッ」みたいな軽快さに欠ける感じのことが多い。ペダルを開放状態に保つストッパーをかけるためだろうか。

【使用感】
実際に使ってみてごにょごにょしてみると、左右への首ふりはわかりやすい、ただしフローティングの感覚は薄め(機能してはいる模様)。
とは言っても、同じく首振りとフローティングがあると言ったeggbeaterに比べればずいぶんとタイトで、実際の感覚は別物。
ペダルスタックハイトが低めな点は、前ペダルと近くてよかったかもしれない。

当初のアクスル回転は渋め、でもわりと馴染みが出るのは早く、ペダルの蹴返しにはさほど支障を感じてない。4面脱着から片面に慣れるのに余計な時間がかかるかと想像していたのだが。
私の脳内実験では、あまり軽量なモデルではペダル自体の回転モーメントが小さくてペダルの蹴返しに苦労するのかもしれない。ではペダルの後端に重りをつけるか?と考える軽量ペダル使いはいないだろうから、

【軽量】
ほかのロードペダルと比較して軽量、というメリットもある。
中の下くらいのこのグレードにして、デュラあたりと同様の重量を実現している。上のグレードになると相当な軽量ペダルになるようだが、ケイデンスセンサ用のマグネットをペダル軸に取り付けたい自分は、クロモリスピンドルで十分とこのグレードで十分に満足している。同様の考え方の方は、スピンドルが中空で軽量化を進めた「6」がベストバイか。「8」以降はボディの素材が変わってさらに軽量になるが、値段もグッと上がる。スチールシャフトは「10」までだったかな。

実に細かいことだが、クランクへの取り付けに当たってはペダルレンチ使用不可で、6mmヘックスでの取り付け。ペダル本体内側に、クランクへの締め付け方向が矢印でかかれているのが地味に気が利いている。この気遣いフランス人的ではないな(笑

価格評価→★★★★★(個人的にはベストバリュー)
評   価→★★★★☆(グレードアップの余地はあるが、満足です)
重量 片側112g(カタログ値)
 
sole  2017-8-8 0:56
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TIME expresso4
追記

ペダル脱着の際の六角レンチのサイズは8mmでした。
前レビューでは6mmとなっていましたが、これは間違いです。

評価などは前レビューに同じ

価格評価→★★★★★(個人的にはベストバリュー)
評   価→★★★★☆(グレードアップの余地はあるが、満足です)
重量 片側112g(カタログ値)
 
neri  2017-8-8 9:43
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TIME xpresso4
購入価格 ¥7800

私の感想を書いておきます。
xpressoは4が一番コストパフォーマンスが良く、シマノで言えば105です。
2はベースプレートが交換できないので摩耗したら終わり、4より上はカラバリが多い
くらいでコスパはあまり良くありません。

普段はスピードプレイ(以下SP)でしたが、一時期xpressoに交換していました。
違うペダルですが感じは似ています。どちらもグニグニ動くのですが、母子球を中心に
回転する感じ。TIMEはSPと異なりセンターに押し戻す力があるのですが、長年SPを
使っていて、カント調整などを進めてツイストすることが少なくなっているので、、
特にそれは感じませんでした。

ステップインも軽く、リリースも軽く確実です。裏表がある以外はSPと同じ感覚で使えます。
昔はKeOも使っていましたが、ステップインは明らかにxpressoの方が簡単確実。
ペダル角も常に縦になっているので踏み間違えも起こしにくいです。
クリートは以前は減りやすかったそうですが、今のものはそこまで減りません。とはいえ
KeOのグリップクリートレベルであって、SPの三倍くらいの頻度で交換する必要があります。
ちょっと面白いなと思ったのが、Qファクターは広くないのにヒールインしないことです。
SPではヒールインをかなり規制しないと踝がクランクに擦るのですが、xpressoはほぼあり
ません。否、実際のQファクターが意外と広いのか???とにかく変な感覚。

総じてとてもいいペダルですが、難が三つあります。
まずは軸のガタが出ること。私の個体も紙一枚に満たない程度のガタが出ていますが、その
まま使っています。あまり神経質にならなくていいと思います。
もうひとつはカーボンスプリングの破損。強く裏踏みした記憶はないのですが、使用2000km
あたりから縦にヘアクラックが入りました。そのまま使っていますがバラバラになることは
ありません。このバネはすごく脆弱だと思います。
あとはクリートですね。入手性も悪いし価格も高すぎます。

バネの交換は難しくないようなので、安価なxpresso2を買って、クリートとバネを予備用に
取り出しておくのも良いかもしれません。

所詮ペダルはペダルなので諸々考えてSPに戻りましたが、絶対的には良いペダルです。

価格評価→★★★☆☆
評   価→★★★☆☆
<オプション>
年   式→2016
















新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新100件)

ダイソー タイヤレバー  (100均)  2017-10-16 21:36  neri
fabric Knurl tape  (バーテープ)  2017-10-11 22:39  canzana7
OGK ZENARD  (ヘルメット)  2017-10-10 20:24  baru
PEDRO'S GO!  (ケミカル関連)  2017-10-9 13:36  neri
SHIMANO XTR PD-M9000  (ペダル)  2017-10-8 17:48  oreore3
Bontrager FS2000  (サドル)  2017-10-2 23:20  kazane
バニー坂  (書籍・DVD)  2017-10-2 20:23  kuromitsu2
自転車あるある  (JOKE)  2017-9-29 22:15  asatamagawa
grunge Carry  (輪行バッグ)  2017-9-29 21:07  asatamagawa
Sidi Cape MTB  (シューズ)  2017-9-25 0:52  oreore3
Vipro's Blue-no  (ケミカル関連)  2017-9-24 23:17  taka888
SHIMANO SL-3S90  (シフトレバー)  2017-9-24 15:44  KDR
SHIMANO XTR PD-M9020  (ペダル)  2017-9-19 23:21  kuromitsu2
OGK XF-1 ADJUSTER  (ヘルメット)  2017-9-19 19:38  baru
J&C JC-015  (カギ)  2017-9-18 22:35  sosu
SAIKO 4365 リング錠  (カギ)  2017-9-18 22:06  sosu
Fabric TOOL KEG BOTTLE  (ボトル)  2017-9-17 18:22  canzana7








CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review