CBN Bike Product Review
TOP >  ケミカル関連 > 

KURE シリコングリースメイト


 
LZPT2IB  2016-2-26 20:41
このエントリーをはてなブックマークに追加
KURE シリコングリースメイト
購入価格: ¥862 (税込)
標準価格: ¥1,404 (税込)

『ケーブルの潤滑に最適。極細ノズルのおかげで、アウターケーブル内に直接スプレーできる』



■ TRP SPYRE-Cの引きの重さの改善のために入手
私が乗っているGIANT DEFY1 DISCには、TRP SPYRE-Cという機械式ディスクブレーキが標準で搭載されている。非常に優れたブレーキだが、引きの重さがちょっと気になったので、ケーブルのフリクションの低減を試みた。

今回、ケーブルの潤滑材には「KURE シリコングリースメイト」を使うことにした。今まではオイルを使っていたのだが、引きは軽くできても、ケーブルのざらつきがブレーキタッチに出やすいような気がしていた。シリコングリースメイトには、ケーブルの繊維の隙間をグリスで埋め、引きの軽さだけでなく、長期間の潤滑や滑らかなタッチを期待した。

 
KURE シリコングリースメイト (左)、引きの重さが若干きになるTRP SPYRE-C (右)





■ PTFE配合のシリコングリス
KURE シリコングリースメイトは、フッ素樹脂(PTFE)を配合したシリコングリスのスプレーだ。外径約0.8mmの極細ノズルが付属し、指が入らないような箇所にもグリスを充填できる。容量はたっぷり180mlも入っている。

KUREのホームページによると、自転車に関連しそうな用途として「ブレーキ周り、ブレーキ可動部、各種ケーブルやワイヤーの潤滑」とある。大まかには、低負荷〜中負荷の箇所、プラスチック・ゴム製パーツ、温度範囲の広い部位などに向いているようだ。

シリコングリースメイトをスプレーすると、ノズルの先端から白いグリスが出てくる。指で触ってみると、ベタつきが少なくスベスベしており、潤滑性の高さを期待させる。私が以前レビューした「AZ シリコーングリース」と比べると、粘度はほぼ同等かやや低い。

 
作業性を高める極細ノズル (左)、スプレーすると白いグリスが出てくる (右)





■ 滑らかなブレーキタッチ
インナーケーブルの交換の際には、アウターケーブル内にはシリコングリースメイトをほんのひと吹き。アウターケーブルの内径に対して、ノズルが非常に細いので作業しやすい。インナーケーブルにはシリコングリースメイトを指で薄く伸ばして塗りつけた。なお、グリスが多すぎてもかえって抵抗になると考えて、グリスは少なめに使った。

ブレーキレバーを引いてみると、明らかにケーブルの繊維のザラつきが少なくなり、とても滑らかなタッチになった。引きもわずかに軽くなったが、劇的な改善には至らなかった。というのは、SPYRE-Cの引きの重さは、主にリターンスプリングによるものだったからだ。

SPYRE-Cを使ったのは数カ月だが、その間に引きの滑らかさは持続した。少なくとも、オイルのように早い段階でケーブルの下部に流れて、ケーブルのザラつきを感じるようなことはなさそうだ。

 
白い色がなくなるまで薄く塗りつけた (左)、アウターケーブルに直接ノズルを入れることが可能 (右)





■ ケーブルガイドやプーリーにも使用
ケーブルの潤滑で好印象だったので、現在はクロスバイクのケーブルガイド、リアディレイラーのプーリーのブッシュの裏側にも薄く塗っている。特にプーリーはシャリシャリとした音が少なくなり、ペダリングが滑らかになった。オイルと比べても回転が重くなった感じはしない。


プーリーに薄く塗ると滑らかに回る ※画像は塗布前




■ 自転車のメンテに便利
KURE シリコングリースメイトは、自転車のさまざまな用途や素材に使えると実感した。シマノのケーブルにもシリコングリス(SP41)が使われていることを考えると、やはり適しているのはケーブルの潤滑だろう。しかも、極細ノズルはアウターケーブル内にグリスを入れるのに便利だ。ただ、このノズルは細すぎて詰まりやすい。もし詰まったら、パーツクリーナー等でグリスを溶かした方がいいかもしれない。



価格評価→★★★★☆ (コストパフォーマンスが高い)
評  価→★★★★★ (ケーブルの潤滑に最適。作業性も良い)
<オプション>
年    式→ ー
カタログ重量→205g
 
LZPT2IB  2017-1-10 22:59
このエントリーをはてなブックマークに追加
KURE シリコングリースメイト
購入価格: ¥862 (税込)
標準価格: ¥1,404 (税込)


『ケーブルの潤滑剤として用いるには、ケーブルの引きが重くならないように薄く塗布する必要がある』



■ シマノのケーブルグリスとの比較
KURE シリコングリースメイトは、フッ素樹脂(PTFE)を配合したシリコングリスのスプレーだ。細いノズルが付属しており、指が届かないような部分にピンポイントにグリスを注入できる。

現在、私はシングルスピードとクロスバイクのブレーキケーブルの潤滑にKURE シリコングリースメイトを使っている。クロスバイクのシフトアウターケーブルにはシリコングリス入りのOT-SP41を使っているので、シフトケーブルのタイコ周辺など一部の使用にとどめている。

ロードバイクのシフトインナーケーブルのみを交換する際に、私はシマノのケーブルグリスを購入した。実際にこのグリスを手にとってみると、シリコングリースメイトよりもだいぶ粘度が低い。シマノの方がヌルヌルとした感触で伸びが良く、シリコングリースメイトの方が抵抗のある感触だ。

粘度の低いシマノのケーブルグリスなら、ある程度多めに塗ってもケーブルの引きが重くなることはない。シリコングリースメイトの場合はこうはいかず、多めに塗るとケーブルの引きが重たくなってしまう。このことはシングルスピードのブレーキケーブルで確認済みだ。

ただ、薄く塗布した際には両者ともにスベスベとした感触になる。シマノのケーブルグリスの方が滑りは良いが、両者の滑りやすさの差はほんのわずかだ。シリコングリースメイトをシマノのケーブルグリスの代用品として用いるなら、アウターケーブル内への噴射は最小限にとどめ、インナーケーブルにグリスの白さがなくなるまで薄く塗布した方が良い。そうすれば、ケーブルの引きの軽さや滑らかさを十分に引き出せる。

シリコングリースメイトは、自転車のメンテナンスのさまざまな用途に用いることができ、1本持っておくと非常に便利だ。シマノのケーブルグリスの代用品としても一応使うことは可能だが、粘度の高さで引きが重くならないように、薄く塗布する必要がある。シマノのケーブルグリスを手に入れたので、今後はケーブルの潤滑剤として使うことはないが、金属と樹脂が接触する部分などにはこれまでどおり使うつもりだ。


シリコングリースメイトの方が粘度が高いが、薄く塗布すれば両者の感触に大きな差はなくなる



価格評価→★★★★☆ (コストパフォーマンスが高い)
評  価→★★★★★ (ケーブルの潤滑にも最適だが、薄く塗布する必要がある)
<オプション>
年    式→ ー
カタログ重量→205g


KURE シリコングリースメイト を購入する

| 楽天市場 | Wiggle | CRC














新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新60件)

SHIMANO CN-HG95  (チェーン)  2017-2-22 21:10  baru
redshift SHOCKSTOP  (ステム)  2017-2-21 21:32  baru
SHIMANO SH-XC31  (シューズ)  2017-2-20 21:34  baru
SHIMANO SH-RC700(RC7)  (シューズ)  2017-2-15 21:41  baru
自転車あるある  (JOKE)  2017-2-14 0:45  hitaka
SHIMANO DURA-ACE PD-7900  (ペダル)  2017-2-9 22:02  baru
パワーストーン  (JOKE)  2017-2-9 21:30  Qtac












CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2015 CBN Bike Product Review