CBN Bike Product Review

今週のピックアップ


rh+ Logo EVO Jacket

PEARL IZUMI ウィンドブレークジャケット
サイスポ2018年1月号

弱虫ペダル 52

南鎌倉高校女子自転車部9

Karmar FEROX JCF公認

Michelin Pro4<br />Service Course V2

パナレーサーグラベルキング<br />700×26C



TOP >  その他(パーツ以外) > 

Bouygues Télécom SIMカード


 
baru  2015-8-28 21:04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Bouygues Télécom SIMカード
購入価格 €20

フランス第三位のシェアを持つ携帯電話サービス会社「Bouygues Télécom」のSIMカード。PBPの通信手段として使いました。


■購入動機
2015年のPBP(Paris-Brest-Paris)中の通信手段として、SIMフリースマホを持参しました。別にスマホが無くても走れはするのですが、万が一リタイヤすることになった時や事故に遭った時には通信手段は必須となります。

auの場合、国際ローミングを使えば面倒な設定なしで海外でも通信可能です。しかし、1日2980円とかなり割高。モバイルルータも考えましたが、スマホ本体の他に給電対象デバイスを増やすのが嫌だったのでパス。SIMフリーのスマホに、現地でSIMを購入するのが一番だと思ったのです。

本来はSIMカードを空港で調達予定だったんですが、移動の関係上買うことが出来ず。ホテルでSIMカードを扱っている店が無いかを尋ねると、サン=カンタンのカルフール(大手ショッピングセンター)内にあるという情報をゲットしたのでした。


カルフールに行くと、見覚えのあるロゴが。「Bouygues」のショップでした。ブイグと言えば、新城幸也がかつて所属していたチームです。折角だから……と言うことで、本命だった「Orange」という会社ではなくブイグでSIMカードを買うことに。しかし、これがかなり面倒くさいものだったのです。


■製品概要
今回買ったのは、以下のプランのSIMカードです。

 ・通話: 2時間まで
 ・データ通信: 500MBまで
 ・期間: 10日間

カードの代金が10ユーロ、通信料が前払いで15ユーロ、計25ユーロでした。日本円にして3500円ほどです。カードは使い捨てではなく、1年以内ならプリペイドでチャージが可能とのこと。


■使用感
SIMフリーのXperiaに、ブイグのMicroSIMを挿して使いました。

(1) 契約
どうやらここの店は外国人向けにSIMカードを売る店ではないらしく、フランス国内の住所が必要だと言われました。幸い、同行者の中にフランス在住の方が居たので、その方の住所を使って契約を完了しました。一応パスポートも提示。

今回はデータ通信500MBまでのプランにしました。本当は1GBは欲しかったのですが、500MBの次は2GBで料金も3倍だったので諦めたのです。別に通話プランはいらなかったのですが、実は結構役に立ちました。

(2) SIMのPIN入力
SIMカードは挿しただけでは使えず、何らかの手段でアクティベーションする必要があります。本来ならばショップでアクティベーションしてもらうのが確実だったのですが、スマホ本体をホテルに忘れてきてしまいました。その為、SIMカードのみを持ち帰り、ホテルでアクティベーションをすることになりました。

付いてきたのはフランス語の説明書のみ。さっぱり解らないので、とりあえずSIMカードを挿して起動してみました。

 「PINを入力してください」
 
こんな表示がされましたが、何を入力して良いか解らない。Twitterで助けを求めると、

 「大体、説明書に書いてある。4桁の数字があったらそれを入れてみて。」
 
とアドバイスを頂いたので、それっぽい数字を入れてみると……通った!!しかし、これはあくまでSIMカードのロック解除が出来ただけ。ここからアクティベーションを行う必要があります。

(3) アクティベーション
解らないなりに説明書を読んでみると、「163」という電話番号に電話すれば良さそう。早速電話を掛けてみるものの、流れる音声はもちろんフランス語。お手上げなので、フランス語が話せる同行者に作業をしてもらい、なんとかアクティベーションは完了しました。どんな作業をやったのかは不明ですが、レシートに記された10桁の番号を打ち込んでいました。
 
 【山口和幸の茶輪記】海外旅行のスマホ利用は確実で格安な方法で
 http://cyclestyle.net/article/2014/05/21/9934.html
 
こちらの記事を読むと、チャージした容量を有効化するのに必要な手順みたいですね。追加容量のチャージ時にも同じことをやる必要があるようでした。

(4) アクセスポイントの設定
アクティベーションは完了しましたが、まだ電波を拾いません。一体何が足りないんだ!とTwitterに書いたら、「アクセスポイントの設定が必要なんじゃない?」という突っ込み。SIMカードを挿しても、アクセスポイントがどこだかを教えてあげないと、ネットワークに繋げないらしいのです。自動認識してくれないのね。

Androidでは以下のメニューの場所の設定項目を埋めます。

  設定→その他→モバイルネットワーク→アクセスポイント名
 
埋め方は以下のサイトを参考にしました。

  http://wiki.apnchanger.org/France#Bouygues
 
設定が終わると、ようやく電波を認識!!インターネットが使えるようになりました。ここまで丸一日掛かりました。

(5) データ通信の品質
概ね、コース上のどこでも電波は通じていた気がします。モバイルルータ(確かグローバルWi-Fi)の人がダメな場所でも通じていました。そこはさすがフランス国内でTOP3のシェアを持つだけのことはあるでしょうか。多分、他の日本人よりも格段に高い頻度でツイートしていたと思います。そもそも電波が繋がらなければツイートも出来ないので。

当たり前ですが、やはり街中では繋がりやすく、田舎道では繋がりにくかったです。特に写真付きツイートは、田舎道では無理です。大抵失敗していました。

(6) 音声通信の品質
品質が評価できるほど長時間は話しませんでしたが、日本人の仲間との連絡を取るのに重宝しました。スタート前の集合時間になっても中々仲間が来ないので、電話をかけたらトイレに並んでいた……なんてことも。今回は幸いリタイヤしませんでしたが、その時にもあったほうが良いと思いました。

(7) 通信容量
PBPの期間中(3.5日)+その後の観光1日で、大体500MBの容量を使い切りました。最初は使わないときは機内モードにしてたんですが、折り返しのブレストあたりから面倒になって繋ぎっぱなしにしてました。

滞在中は極力フリーWi-Fiのある場所ではWi-Fiを使っていたのですが、それに頼れないのならば10日で2GB程度の容量は買っておいたほうが良いと思います。


■まとめ
アクティベーションが電話のみという点はハードルが高かったですが、いざ使えてしまうと割りと満足度の高いSIMカードでした。

恐らくアクティベーションに関しては、本体を持っていけば店でやってもらえたはずです。そうすれば、あとはアクセスポイントの設定さえすれば使えるようになります。フランスでSIMカードを買うときには、本体を持参することを忘れないように。


価格評価→★★★★☆(速度は速くないけれど、ローミングに比べると格段に安い)
評   価→★★★☆☆(アクティベーションが面倒、それ以外は概ね満足)

この商品を探すAmazon, Rakuten, Wiggle, CRC
















新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新60件)

GIRO EMPIRE ACC  (シューズ)  2017-12-6 22:36  kurotomato
SIDI Hydro gore-tex  (シューズ)  2017-12-5 22:48  ReClimber
SIDI Diablo  (シューズ)  2017-12-5 21:55  ReClimber
Mavic CROSSRIDE SL  (ペダル)  2017-12-5 17:32  ReClimber
SHIMANO CN-HG901-11  (チェーン)  2017-11-28 21:10  baru
MINOURA MOZ-RolleR  (ローラー台)  2017-11-28 20:21  baru








CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review