CBN Bike Product Review

今週のピックアップ


Prime RR-38
PEARL IZUMI 603B UV
サイスポ2017年9月号

弱虫ペダル 51

南鎌倉高校女子自転車部9

Karmar FEROX JCF公認

Michelin Pro4<br />Service Course V2

パナレーサーグラベルキング<br />700×26C

TOP >  ロードタイヤ > 

[WO] BRIDGESTONE EXTENZA R1X


 
prime5963  2015-5-8 17:28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[WO] BRIDGESTONE EXTENZA R1X
購入価格 ¥5,637 x 2

Vittoria Rubino Pro3(700x23C)からの履き替えです。

Rubino Pro3のカタログ重量は225gと軽量級ですが、耐久力に優れていて一度もパンクを経験したことがありません。Rubino Pro3に大きな不満があったわけではないのですが、最近やたらと話題の25cをどうしても試したくなってしまったことから、今回こちらのR1Xを購入するにいたりました。

まだ200km程度しか乗っておりませんが、Rubino Pro3との比較で気が付いたことを以下に書き出してみます。

【見た目】
23C→25Cとサイズアップしたはず・・・なのですが、予備ホイールのRacing 5に履かせているRubino Pro3(23C)の横幅24mmに対してZondaに履かせているR1X(25C)の横幅が23mm。太まった見た目になるのではと思い込んでいたのですが、まさかの-1mm。今回のタイヤ交換にあたり、もともと装着していたR'Air(700x18~23C)をそのままはめ込んでいるのですが、このまま使用し続けても問題ない(?)かもしれません。

【はめ心地】
軽い力ではめ込むことが出来ます。2way-fitのホイールとかで無い限り、タイヤレバーは不要かと。


【乗り心地】
Rubino Pro3が割としっかりしたケーシングであることを差し引いたとしても別次元の乗り心地です。不快な振動をカットしつつも接地感はちゃんと残しました、って感じです。ロードノイズが静かになった分、これまでよりもペダリングに集中できるようになりました。


【走行感】
225g→190gのわずか35gの違いを感じられるほど繊細な感覚は持ちあわせていない・・・と考えていたのですが、実際に乗ってみると明らかに加速感に優れます。また細かい振動が抑えられているおかげだと思うのですが走行後の疲労感が全く異なります。Rubino Pro3のストックが手元に一組残っているのですが、R1Xの快適さを体験してしまった今となってはもう戻したくありません。

耐久性と耐パンク性能については全くの未知数ですが、小砂利の浮いた田舎道を走り終えたあとでもカット傷の類が皆無であったので、そこまで神経質になる必要はなさそうです。


価格評価→★★★★☆(投資対効果は十分感じられるのですが、消耗品で1万円オーバーってのはちょっと。)
評   価→★★★★☆(満足度は★5つなのですけど、耐久性がまだ不明なので1つ減点。)
<オプション>
年   式→2015
カタログ重量→190g
 
baru  2016-11-24 22:57
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[WO] BRIDGESTONE EXTENZA R1X
購入価格 ¥5700 (Amazon)

ブリヂストンのレース用タイヤ。3タイプあるうちの、もっともオールラウンドなタイプです。


■購入動機
何度も他のレビューで書いていますが、うちのディスクロードは乗り心地が良くありません。原因は色々考えられましたが、乗り心地への寄与が元も大きいと言われるタイヤを変えてみることにしました。

要件としては、

 ・乗り心地が良いこと
 ・25C以上の太さであること
 ・ウェットグリップが悪くないこと
 ・なるべく軽いこと

と言った具合。ディスクロードはフロントが重いので、少しでも軽いものを選びたいと思っていました。

25Cだと普通、230g前後の重さがあることが多いのですが、EXTENZA R1Xは公称190g。ちょっと軽すぎないか?と思いつつも、興味を持ったので試してみることにしたのでした。


■製品概要
実測重量は、191.6gと193.3g(両方とも25C)。カラーはブラック・レッドの1種類のみ。

トレッド幅は、25mmのワイドリムに取り付けた場合に、ちょうど25mm。ナローリムに取り付けた場合には、もう少し細くなるはず。


■使用感

ロングライド中心に500㎞ほど使用した第一印象をレビューします。使用自転車は、SCOTT SOLACE DISC。空気圧は、前6.0bar、後6.5barで使用しています。使用距離は500km程度。

(1) 転がり抵抗
最初のうちはグリップというよりも、道の上の石を拾う感じはありましたが、これはワックスによるもののようで。数km走ったら軽い走行感に変わりました。

絶対的な重量が軽いので、漕ぎ出しも軽く、巡航も楽です。前のタイヤが1本240gのOne 25Cなので、そこからのギャップでそう感じるのかもしれませんが(外周50gの軽量化は決して小さくない)。

(2) グリップ
ワイドリムに付けて初めて25mmになる細めのタイヤなので少々グリップは不安でした。が、ウェットなヤビツの下りでも特に問題なく下ることが出来ました。前作のEXTENZAよりもコンパウンド自体がハイグリップになったとのこと。

限界まで攻めていないので分かりませんが、絶対的な安心感はPower Enduranceや、Oneの方が上です。

(3) 乗り心地
これは前評判通り、とてもよかったです。Power EnduranceやOneも乗り心地は良いですが、それよりも一枚上。細めのタイヤなのに意外でしたが、コンパウンド自体が柔らか目なのだと思います。

(4) 耐パンク性
これまでパンクやカットはありません。見た目は薄くて弱そうですが、一応耐パンクベルトも入っているのでそこまでの弱さは無さそう。

(5) 寿命

画像は、現時点での後輪のすり減り具合。元々パターンが無いタイヤなのですり減り具合は分かりにくいですが、意外に減ってない。これだけ柔らかいコンパウンドだともう少し減るかと思ったんですが。私の体重(80kg)だと、3000㎞前後が予想寿命でしょうか。この辺りは追ってレポートします。

(6) 見た目

色は黒1色のみ。私はどのみち黒しか使わないのですが、カラータイヤを使いたい人には選択肢に入りにくいと思います。性能的には黒が一番良いはずなので、メーカー側のこだわりでしょうか。メーカー体力の問題かとも思いましたが、下のグレードではカラータイヤも出していますし……。

差し色にロゴの赤が入るのですが、ここは私の自転車のテーマカラーと合っているので非常に気に入っています。たまたまロゴが赤だったので良かったものの、他の色だったら多分使ってはいないと思います。

(7) その他
基本的に国内流通しかしていないので、実売価格は高めです。私の購入価格は5700円ほど、実売は6000円ほど。国内で買うには安めですが、海外通販で他社のフラグシップが4000円台と言うことを考えると若干の割高感があります。


■まとめ
乗り心地は良く、その他の性能も破たんが無いタイヤ。若干、耐パンク性と寿命が気になりますが、そこは軽さとのトレードオフだと思います。重量については、期待以上に軽く(もう少しサバを読んでいるかと思っていた)、フロント側の軽量化という目的も達成できました。

ランニングコストは高そうなので、今後使い続けるかは不明です。

価格評価→★★★☆☆(国内しか扱いがないだけに割高に感じる)
評   価→★★★★☆(性能に今の所不満はないがランニングコストが高そう)
<オプション>
年   式→2016
カタログ重量→ 190g(実測重量 192-193g)
 
baru  2017-5-16 20:15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
[WO] BRIDGESTONE EXTENZA R1X
購入価格 ¥5700 (Amazon)

追加レビューです。ファストランで使用してみての感想を追記。

-----

「東京糸魚川ファストラン」で使用。全287㎞の行程中、約200㎞が雨でした。

今回の装備は以下。

 ・フレーム: FTB QUARK
 ・ホイール: Campagnolo Shamal Ultra
 ・タイヤ: Bridgestone Extenza R1X
 
家にあったタイヤの中で25Cかつ比較的トレッドのすり減りが少ないのが本製品だったのが選定理由。以前、SOLACEに本製品を履かせて雨ブルベで使った際も不満は無かったので、今回もウェット条件で活躍してくれることを期待していました。

SOLACEよりもQUARKの方がフレーム自体の乗り心地は良いので、少し空気圧を上げて、前:7気圧、後:7.5気圧で運用。乗り心地の低下は感じられませんでした。他のタイヤに比べて、柔らかめのコンパウンドを使っているので、多少空気圧を上げても乗り心地は犠牲にならなそうです。

「東京糸魚川」はキツい下りカーブはありませんが、富士見峠・塩尻峠・黒姫高原といくつかのダウンヒルはあります。ウェット路面でもグリップは全く問題なし。安心して走ることが出来ました。

パンクについては、前輪のみ一回。タイヤを調べましたが、特に貫通などは無し。恐らくリム打ちパンクです。路肩の石やゴミも多かったですし、200㎞雨なら一回パンクくらいは仕方ないと思うので、私の中ではマイナス評価はしません。

現在使用距離は1500㎞程ですが、まだまだトレッドは平らにならずに残っています。意外と長寿命かもしれません。

雨の中を走ったので、タイヤを外して水抜きを行いました。このタイヤは非常に付け外しがしやすいですね。タイヤ生産の精度が高いと言うことなのでしょう。外すときはタイヤレバーを使いましたが、付けるときはタイヤレバーは必要ありませんでした。


価格評価→★★★☆☆(国内しか扱いがないだけに割高に感じる)
評   価→★★★★☆(性能に今の所不満はないがランニングコストが高そう)
<オプション>
年   式→2016
カタログ重量→ 190g(実測重量 192-193g)


[WO] BRIDGESTONE EXTENZA R1X を















新着レビュー & 新着記事

新着レビュー(最新100件)

自転車の異音  (JOKE)  2017-7-18 1:29  sosu
Bell Gage Mips 2015  (ヘルメット)  2017-7-17 23:01  neri
アネスト岩田 W-101  (工具)  2017-7-17 19:45  neri
BELL ZEPHYR MIPS  (ヘルメット)  2017-7-16 1:24  mmrn
Fabric TOOL KEG BOTTLE  (ボトル)  2017-7-13 23:47  canzana7
自転車あるある  (JOKE)  2017-7-11 10:31  Miya
Novatec F172SB  (リアハブ)  2017-6-21 9:16  neri
CN SPOKE Aero494  (スポーク)  2017-6-20 23:54  neri









サイクルベース名無し ロードブランドランキング2017
アンケート実施中!

Q1. 「現在所有している」ロードバイク(フレーム)のブランドを教えてください(複数選択可)
3RENSHO
AMANDA
ANCHOR
ANTARES
ARGON 18
Avanti
AVEDIO
ax-lightness
Azzurri
BASSO
Battaglin
BeOne
BH
BIANCHI
BLUE
BMC
Boardman
BOMA
BOTTECCHIA
Bridgestone
CANNONDALE
CANYON
CARRERA
CASATI
CEEPO
CENTURION
CERVELO
CHERUBIM
CINELLI
CIPOLLINI
GITANE
COLNAGO
COLUMBUS
CORRATEC
CYFAC
DACCORDI
DE ROSA
Dedacciai
DOLAN
Eastway
EDDY MERCKX
Enigma
FAUSTO COPPI
FELT
Firefly
FOCUS
FONDRIEST
FTB Quark
FUJI
GARNEAU
GDR
GHISALLO
GIANT
GIOS
GT
GUERCIOTTI
HARP
HOLKS
INTERMAX
JAMIS
Kestrel
KHS
KLEIN
Koga
KONA
KUOTA
KYKLOS
LAPIERRE
Lemond
LEVEL
Litespeed
Liv
LOOK
LYNSKEY
MAKINO
MASI
MBK
MEKK
MERIDA
Merlin
MOOTS
MUSEEUW
nagasawa
NEILPRYDE
Nevi
OLYMPIA
OPERA
OPUS
ORBEA
Orange
Panasonic
PARLEE
Passoni
Pennarola
PINARELLO
Raleigh
Ravanello
RIDLEY
Ritchey
Salsa
SCHWINN
SCOTT
Seven
Singular
SPECIALIZED
STORCK
SWIFT
TESTACH
TIG
TIME
Tommasini
TREK
VanNicholas
VELLUM
Verenti
VIGORE
VITUS
Voodoo
Wiggle
Wilier
YONEX
この中にはない
Q2.「いつかは買いたい」ロードバイク(フレーム)のブランドを全て挙げてください(複数選択可)  
3RENSHO
AMANDA
ANCHOR
ANTARES
ARGON 18
Avanti
AVEDIO
ax-lightness
Azzurri
BASSO
Battaglin
BeOne
BH
BIANCHI
BLUE
BMC
Boardman
BOMA
BOTTECCHIA
Bridgestone
CANNONDALE
CANYON
CARRERA
CASATI
CEEPO
CENTURION
CERVELO
CHERUBIM
CINELLI
CIPOLLINI
GITANE
COLNAGO
COLUMBUS
CORRATEC
CYFAC
DACCORDI
DE ROSA
Dedacciai
DOLAN
Eastway
EDDY MERCKX
Enigma
FAUSTO COPPI
FELT
Firefly
FOCUS
FONDRIEST
FTB Quark
FUJI
GARNEAU
GDR
GHISALLO
GIANT
GIOS
GT
GUERCIOTTI
HARP
HOLKS
INTERMAX
JAMIS
Kestrel
KHS
KLEIN
Koga
KONA
KUOTA
KYKLOS
LAPIERRE
Lemond
LEVEL
Litespeed
Liv
LOOK
LYNSKEY
MAKINO
MASI
MBK
MEKK
MERIDA
Merlin
MOOTS
MUSEEUW
nagasawa
NEILPRYDE
Nevi
OLYMPIA
OPERA
OPUS
ORBEA
Orange
Panasonic
PARLEE
Passoni
Pennarola
PINARELLO
Raleigh
Ravanello
RIDLEY
Ritchey
Salsa
SCHWINN
SCOTT
Seven
Singular
SPECIALIZED
STORCK
SWIFT
TESTACH
TIG
TIME
Tommasini
TREK
VanNicholas
VELLUM
Verenti
VIGORE
VITUS
Voodoo
Wiggle
Wilier
YONEX
この中にはない
Q3. 「次に買う予定」のロードバイク(フレーム)のブランドはどれですか(あえて一つだけ選択)
3RENSHO
AMANDA
ANCHOR
ANTARES
ARGON 18
Avanti
AVEDIO
ax-lightness
Azzurri
BASSO
Battaglin
BeOne
BH
BIANCHI
BLUE
BMC
Boardman
BOMA
BOTTECCHIA
Bridgestone
CANNONDALE
CANYON
CARRERA
CASATI
CEEPO
CENTURION
CERVELO
CHERUBIM
CINELLI
CIPOLLINI
GITANE
COLNAGO
COLUMBUS
CORRATEC
CYFAC
DACCORDI
DE ROSA
Dedacciai
DOLAN
Eastway
EDDY MERCKX
Enigma
FAUSTO COPPI
FELT
Firefly
FOCUS
FONDRIEST
FTB Quark
FUJI
GARNEAU
GDR
GHISALLO
GIANT
GIOS
GT
GUERCIOTTI
HARP
HOLKS
INTERMAX
JAMIS
Kestrel
KHS
KLEIN
Koga
KONA
KUOTA
KYKLOS
LAPIERRE
Lemond
LEVEL
Litespeed
Liv
LOOK
LYNSKEY
MAKINO
MASI
MBK
MEKK
MERIDA
Merlin
MOOTS
MUSEEUW
nagasawa
NEILPRYDE
Nevi
OLYMPIA
OPERA
OPUS
ORBEA
Orange
Panasonic
PARLEE
Passoni
Pennarola
PINARELLO
Raleigh
Ravanello
RIDLEY
Ritchey
Salsa
SCHWINN
SCOTT
Seven
Singular
SPECIALIZED
STORCK
SWIFT
TESTACH
TIG
TIME
Tommasini
TREK
VanNicholas
VELLUM
Verenti
VIGORE
VITUS
Voodoo
Wiggle
Wilier
YONEX
この中にはない


CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review