CBN Bike Product Review
TOP >  フォーク(リジッド) > 

Kinesis - PureCX カーボンフォーク


 
atubeom  2014-4-1 1:11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Kinesis - PureCX カーボンフォーク
購入価格 ¥16000くらい(wiggle)


wiggleで継続的に割と安価で入手可能なコラムまでカーボンのシクロクロスストレートフォーク。販売ラインナップはオーバーサイズのみ。

約3年半ほどツーリングを中心に使用してきたアルミシクロクロスバイクだが、せせこましく各部を換装していき完成車の状態から替わらずに残っているのはいよいよフレームとフォークぐらいであった。
元ついていたフォークはメーカー純正のアルミコラムのベンドカーボンフォーク690g。昨年2013年の夏頃に毎度のカスタム欲求に駆られ、衝動買いしすぐにとりつけ2000km以上くらいは走ったはずなので使用感を記してみます。


ただし、あんまり「いい」フォークってのを使ってみたことがある気はしないので(シクロにしろロードにしろ完成車付属品とか知人からの貰い物など)、評価が甘くなっている可能性があることはご留意ください。


まず重量は下記の通り、ちょっと鯖読んでるくらいです。まあカンチ台座つきのフォークでこの価格帯なら十分軽量じゃないでしょうか。当然ながら持ち上げたりしてみれば軽くなったことは実感はできます。そんなことに意味があるかと言われると・・・。

フォークの命、ブレーキングでの剛性感(びびりの程度)ですが、お世辞にも絶賛はできませんが必要十分といった程度です。
使用環境は、制動力が強く立ち上がり過ぎるということでB互換になっているらしいST-6600とBR-CX70の組み合わせ、ホイールはOpenPro28hの手組です。
最初全くトゥインつけなかったのですが、やはりかなり扱いがシビアになってしまいました。一方で、少しトゥインをつけてしまえば力いっぱい握りこんでも恐怖感を与えるバイブレーションに悩まされたりはしません。
少なくとも舗装路で60km/hくらいまでの速度帯ならニュートラルな効き具合です。未舗装の林道でも数十km走ってみましたが、傾斜10%クラスの下りでも安心してブレーキングできてました。残念ながら、何らかのレースのような高負荷?のシチュエーションで使ってみたことはありません。
というわけで私くらいの使用環境で言えるのは、「極端に攻めないツーリング」くらいならブレーキのパワーに負けないってことですかね。

次にハンドリングの印象です。
元ついていたフォークと同じくオフセット値は45ですからジオメトリー面での変化はないはずです。
正直、「このフォークじゃうまく曲がれない」もその逆もそんなに感じたことないのであまり断言はできませんが、十分に扱いやすい性格です。そこそこのスピードを出してカーブに進入しても、車体を傾けた分だけ素直に曲がります。いわゆるアンダーステア気味な印象はありません。元ついていたフォークよりはリラックスして下れている気がします。

そして、このフォークの美点として是非お伝えしたいのがその「いなし」の上手さ。
これは今まで使った5本くらいのフォークの中ではもう群を抜いて素晴らしい。路面の大きめの凹凸、歩道などの段差を越える瞬間にしっかりと感じることができます。体感としては、強い衝撃に対しフォークブレード全体が前方向に大きくしなり入力された振動がフレームやステアリングまで及ばずに収束していくような印象です(ほんと単なる印象)。サスはまあ言い過ぎですが、段差に突っ込むのが少し楽しみになるくらい見事な収束具合だと思います。当然未舗装路の下りなんかでも活きます。


当然このように派手にしなる印象は、ブレーキング・ハンドリング・ダンシングどこか或いは全てに強いネガが出ているのではないかと不安を与えます。しかしある程度使ってみて各点に意識を集中してみても主観面での不満はもちろん絶対的な不足も感じませんでした。
これはしならせる場所、しならせない場所の造りが上手いんだろうなぁということで納得することにしました。

というわけでまとめると、テキトウな4ポイント分けで10点満点で表すなら、

ブレーキング6点:レースしないなら十分
ハンドリング7点:感動的ではないが、一度も不安を感じたことがない
ダンシング等前荷重6点:別段の反応の良さは感じないが、無難
快適性10点:まったり走るならこの特性はあまりに秀逸

他に破綻をきたさないで、この見事な振動吸収特性ってのは案外多くの方に人に適しているのではないだろうか。
最後になってしまったが形状も奇をてらわないストレート形状、仕上げもカーボン地が美しい(ただし、マット色のフレームには合わないかもしれないし、ロゴに差し色で青が入っている)。十分所有欲も満たしてくれた。


価格も激安ってほどでもない、性能も完璧ってわけではない。しかし安定して手に入りここまで目立った欠点がないフォークは他にそうたくさんはないだろう。カンチ台座ありのフォークが欲しくなったら是非一度チェックしてみて欲しい。


価格評価→★★★★☆
評   価→★★★★☆
<オプション>
年   式→ 2013
カタログ重量→ 480g(実測重量 500gーコラム330mm)


 
baru  2015-4-23 0:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Kinesis - PureCX カーボンフォーク
購入価格 ¥18000前後

kinesisのシクロクロス用カーボンフォーク。カンチブレーキ台座つき。


■購入動機
クロスバイクの乗り心地向上&軽量化のため。使っているESCAPE RXはアルミフォーク。カーボンハンドルに変えて多少乗り心地は改善したものの、やはり振動はキツい。ということで、カーボンフォークを導入することにしました。

最初はワンバイエスを考えていたんですが、Wiggleで本製品を発見。18000円程度と安く、なおかつ丁度BRAの副賞のクーポンがあったので、これを買うことにしました。


■製品概要

カット前の実測重量は515g。カット後は476g。クラウン部分は金属と書いて有りましたが、フルカーボンフォークに見えます。


ブレーキは、カンチブレーキとVブレーキに対応しています。
 

■使用感

ESCAPE RX純正のアルミフォークから交換しました。フレッシュ(523km)で使用した結果をレポートします。使用シーンはオンロードです。オフロードでは使っていません。

(1) 重量
これは明らかに軽くなりました。純正フォークとの比較は以下。

 純正アルミ: 820g(スターファングルナット込み)
 PureCX: 505g(プレッシャーアンカー込み)
 
約300gの軽量化。これだけ違うと登りでの影響も大きいです。カンチ台座がついてこの軽さは素晴らしいですね。

(2) 乗り心地
これも格段に良くなりました。不快な振動を吸収してくれます。エントリーグレードのロードでも、フォークだけはカーボンにしている機種が多いのはやはり意味があるのだなーと納得。アルミフォークの頃は200km程度でもキツかったのですが、このフォークでは500km以上の距離を一気に走っても不快感は少なかったです(ただし、ポジション固定なので手は痺れた)。

atubeomさんのレビューでも述べられていますが、段差等の大きな衝撃の収束も速いと思います。

(3) 剛性
こちらは特に変化は感じず。ただし、フルブレーキでも気になるビビりもなく、箱根旧道のダウンヒルでも問題なく下ることが出来ました。

(4) その他

塗装は綺麗。差し色で青が入っているのは好みが分かれるところ。私のバイクは赤黒なのでちょっと不満。そのうちカッティングシートで赤くしようと思っています。

あと、ESCAPE RXのフレームの場合、フォークとヘッドチューブの間に若干の段差ができるのはマイナス。


■まとめ

値段が安くて性能はどうなのかなーと思ったのですが、アルミフォークに比べると全てのステータスが上昇した印象です。他のカンチブレーキ台座付きのカーボンフォークを使ったことが無いので比較は出来ませんが、アルミから交換すると感動すると思います。Vブレーキのクロスバイクをグレードアップさせたい方にオススメ。

なお、正確な表記は「PureCX」であり、「Pure CX」で検索してもインプレなどは引っかかりません。インプレを探すときはスペースを入れないで検索してください。


価格評価→★★★★☆(性能、軽さから見て安い)
評   価→★★★★★(オンロードで使う限りでは文句なし)
<オプション>
年   式→2014
カタログ重量→ 480g(実測重量 515g)


Kinesis - PureCX カーボンフォーク を















新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新60件)

GIRO×MASH DND gloves  (グローブ)  2017-5-26 22:57  LZPT2IB












CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review