CBN Bike Product Review
TOP >  ボトルケージ > 

ELITE VIP bottlecage clips


 
baru  2013-1-6 23:26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ELITE VIP bottlecage clips
購入価格 ¥630

 「そのツール缶、どうやって付けてるんですか?」

最近、私が最もよく聞かれる質問がコレである。


何かといえば、ダウンチューブ下に付けたツール缶の事だ。質問される度に商品名を忘れてググることになるので、この辺りで一度詳しく紹介しておこうと思う。


■発端
またまたTOT(Tokyo-Osaka-Tokyo)がキッカケである。1000kmを超える距離を走るため、少しでも自転車への積載量を増やしたい。サドルバッグを大きくするのにも限界がある。そこで思い出したのが、ロングライダース編集長・あきばっくすさんの自転車である。

あきばっくすさんの自転車はオーダーフレーム。「ブルベに適したフレームを」ということで、ダウンチューブ下にボトルケージ用の穴を付けてもらったのだという。通常のロードバイクだと、ボトルケージは2個付けられる。ロングライドに置いて、よく見るボトルケージの使い方は以下の3パターンである。

 1. ドリンク+ドリンク
 2. ドリンク+ツールボトル
 3. ドリンク+輪行袋
 
ただ、ドリンクを多く持ちつつ、ツールボトルも持ちたい等の場合に「どちらを優先するか」という悩みが出てくる。そういう場合に、もう1つボトルケージがあれば悩む必要が無い。サドルバッグの容量を圧迫すること無く、単純に収納スペースが1つ増えるのだ。これは大きい。

しかし、これはオーダーフレームだから出来たこと。一般のフレームには、この位置にボトルケージ取り付け用の穴は無い。さて、どうするか。


■要件
ダウンチューブ下にボトルケージを付けられること。しかし、その方法が分からない。

こんな時は先人の装備を参考にするに限る。グラフィック社発行の「ランドヌール」誌や、サイクルスポーツのブルベ特集で取り上げられていた自転車を見てみると、オーダーフレームでも無いのにダウンチューブ下にボトルケージを付けている人がいる。良く見ると、フレームにタイラップのようなものが巻き付いているのが見える。なるほど、そういうパーツがあるのか。

調べてみると、ピスト車やママチャリ、小径車などボトルケージ用の穴がないフレームに増設可能なマウントが存在しているらしい。これを付ければ、ダウンチューブに付けられるはず。そう思い、自転車屋へパーツの物色に赴いた。


■比較
とりあえず色々と買ってきて試して見ることにした。

・BIKEGUY どこでもケージホルダー
http://www.unico-jp.com/dokoplus.html

まず買ってきたのはライトマウントでお馴染み、BIKEGUYの製品だ。とりあえず家に帰って付けてみたが……付かない。ダウンチューブが太すぎて、マジックテープが回らないのだ。このマウントが対応するのは、直径45mmまで。そして、私のフレームのダウンチューブは外周が170mm。となると直径は、

  2πr=170[mm]
  2r=170/π=54[mm]
  
明らかに足りない。昨今のカーボンフレームは剛性を求めて、ダウンチューブがかなり太くなっている。クロモリフレームなら、この商品でも十分だっただろう。


・Zefal GIZMO
http://cbnanashi.net/cycle/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=4265&forum=81

次に買ってきたのはこちら。mascagniさんの解説にあるようにサイズが色々あるのだが、最大のXXLサイズを買ってきた。しかし、これも対応サイズが直径45mmまで。付けることは出来なかった。


・ELITE ボトルケージクリップ
http://www.riogrande.co.jp/news/node/11080

そして最後にたどり着いのたのが、こちらの商品である。対応サイズは直径50mmまで。若干足りないか?と思ったが、ギリギリ回すことが出来た!対応サイズ外でも試してみるものである。ただ、私の二の轍を踏まないよう、購入前には自分のフレームのダウンチューブの直径を測っておくことをオススメする。


実際に付けてみると、クリアランスはかなりギリギリ。アウターからインナーに落とすと触れるんじゃないかとヒヤヒヤ。しかし何度変速しても触れないのでこのまま運用することにした。


■総評
一言で言うと、かなり良い。サドルバッグへの積載量を増やすと、どうしてもダンシングの時に慣性を感じる。しかし、ダウンチューブ下に増設した場合、乗車感覚にはほとんど違いが見られない。それもそのはずで、地面との距離が近いため、慣性(正確に言うとモーメントが)小さいのだ。なお、重いパーツをこの部分のボトルケージに入れるようにすると、重心が下がって車体が安定する(気がする)。

注意書きには、「簡易タイプなので、重量のあるボトルを取り付けた場合や悪路を走行する場合には脱落する恐れがあります。」とあるが、これを付けて3000kmほど走っても特に脱落などは起きていない。

1つ注意が必要なのは、取り付けるボトルケージとボトルの相性である。ボトルが大きすぎたり、ボトルが相対的に上に来てしまうボトルケージの場合、ボトルの頭がタイヤと接触することがある。


私の場合は、Avedioのプラスチックボトルケージ+OGKの700mlツールボトルの組み合わせで運用している。Avedioのボトルケージは、ボトルの位置を相対的に下の方に付けられる。このため、大きめのボトルケージを付けてもタイヤと接触することがないのだ。フレームのサイズにも拠るので、この辺りは試行錯誤してもらいたい。


3本目のボトルケージ。ロングライドのお供にどうだろうか。

価格評価→★★★★★(超安い)
評   価→★★★★★(下手なサドルバッグ買うよりお得)
 
kazane  2013-3-25 22:33
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ELITE VIP bottlecage clips
購入価格 ¥580円(シルベスト梅田)


「そのツール缶、どうやって付けてるんですか?」

私もbaru様にこの質問をした一人だ。
その頃の私はツール缶を運用し始めたものの、給水ボトルの搭載量が半分になって補給回数が増え航続距離が落ちていた。何か良い案はないものかと試行錯誤していたが、良い案は見つからず。そんな時大阪某所にて行われたオフ会でbaru様のマシンを間近で見る機会があり、その際こういった商品があると知りました。
「後で商品名を調べて纏めます。」
というお返事を戴きCBNに投稿されたレビューを読んで購入に至りました。



【取り付け】
商品自体は乱暴に言えば極太のタイラップ風めねじ増設用土台。
取り付け方法はパッケージに図解が印刷されているのでその通りに作業を進めます。取り付け場所はbaru様と同じダウンチューブ下です。私の場合標準的なパイプ径のクロモリなので長さは充分足ります。巻き付ける相手が細いため、しっかり手で癖を付けてから取り付ける必要があり結構力が要りましたが、作業内容自体は簡単です。付属品としてゴムパッドが入っているのでフレームへのダメージも最小限で済みます。シフトワイヤとサイコンの配線を処理して作業完了。

【駆動系への接触の可能性】
フレームサイズは520mmでクロモリホリゾンタル。組み合わせたボトルケージは中古で買ったBBBのアルミケージ。(正確な商品名は不明) ツール缶はOGK 700mlツールボトル。中身は予備チューブと携帯工具とタイヤレバーとポジションいじり用のメジャーです。
チェーンラインやタイヤへの接触が懸念されましたが全て回避。固定力や安定性は普通のボトルケージと遜色ないレベルです。落車等で横から強い力が掛からない限りは大丈夫だと思います。

【操縦性への影響】
今現在私のクロモリマシンには水満タンの500mlボトル2本とツール缶が搭載されているのでマシンを持ち上げると尋常じゃない重さですw しかし、乗り出してみると重さはあまり感じず、むしろ低重心化が効いて乗り易くなってます。 非常に低い位置に荷物を搭載しており、走行中もボトルの陰になって見えにくいので搭載している事を忘れそうです。この位置にツール缶を搭載する最大の利点はここだと思います。

【使い勝手】
この商品自体は単なるネジの土台なので製品そのものに触れる機会はあまりありません。なのでツール缶の運用の方を。
取り出し時は必ずハンドルを切る必要があり走行中は取り出し不可です。しかしそんな必要に迫られる可能性は限りなく0なので気にする必要も無いと思います。仮にここに給水用ボトルを差すとしても泥跳ねが直撃する場所なのでまともに運用できるとは思えません。私の場合最初からツール缶目的なのでこれでも満足です。
また、この商品はボトルケージ専用というより単なるネジ穴増設キットとも捉えられるため、巻けそうな場所に取り付けて色々な事に利用できそう。そういった意味では使い方は無限大です。

【耐久性の検証】
丁度いいエピソードがあったのでご紹介したいと思います。
東京大阪キャノンボール伊賀越えルートの難所『加太のダート』を東に抜けてすぐの場所に舗装はされているものの凹凸が激しい区間があります。そこを走行中、ダウンチューブ(上側)に搭載したエリートのアルミボトルケージに入れたエリートのボトル(中身の水の量は約半分)が吹っ飛んで破損するという事件がありました。同メーカー製品の組み合わせで相性抜群のはずが通用しなかったという凶悪な舗装。そこでもVIP bottlecage clipsは何のトラブルもありませんでした。もちろんその他の道路を走っても快調そのもの。経年劣化で切れるまで安心して使用できそうです。




~総評~
ツール缶を搭載したい。でも通常の給水ボトル2本も今まで通り搭載したい。けどサドル後部にボトルケージを増設して重心が上がるのは嫌。そんな我儘をこの価格で見事に解決・実現してくれた商品。ボトルケージ専用ではなく単なるネジの台座の増設キットと捉えれば更なる応用も効かせられる可能性大。細身のフレームだと巻き付ける際に少し苦労するかもしれませんが、付いてしまえば調整不要でずれにくい。
隠れた名作だと思います。

価格評価→★★★★★(超安い)
評   価→★★★★☆(細身のフレームでは少し取り付けにコツが要る)

 
TORIAL  2013-5-31 23:37
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ELITE VIP bottlecage clips
購入価格 ¥522 ワーサイ

前々からブルベを走ってる方などがダウンチューブしたにツールボトルをつけてて良いなぁと思ってました。
baruさんの投稿を見てやり方がわかったので私も真似してみました。
ツール缶はOGKで、使用したボトルケージもbaruさんと同じものにしました。


私のバイクはフレームサイズが430と非常に小さいのですが問題なくつけることができました。
また、RA6はダウンチューブも極太というほど太くは無いので長さが足りないということは無く、むしろ少しバンドが余りました。
取り付けにはプラスドライバーが必要ですが、六角にするとオーバートルクでバンドやブラケットを破壊してしまう可能性があるのでここは普通のプラスネジで正解なんでしょう。
実際これで問題は無いですし・・・

これのおかげで、ロングライドの時もサドルバッグが無くても何とかなるようになり現在はサドルバッグを外しました。
そのため非常に振りが軽快です。

あれから1000km以上走ってますが脱落などのトラブルは全くありません。
願わくはもっと大きなツール缶をつけたいのですが、それは流石に無理なようです。
これをキャットアイのフレックスタイトのようなもっと簡単な装着方法で作ってくれると嬉しいのですが・・・
でもまぁそこまで頻繁に付け外しはしないのでこれもいいか。
ロングライドでも自転車を軽快にしたい方はオススメです。

価格評価→★★★★★(500円は安い・・・)
評   価→★★★★★(ランドヌール、キャノンボーラーの知恵に万歳!)
 
fukushimanohito  2014-12-1 20:19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ELITE VIP bottlecage clips
購入価格 ¥ 1112円(ワイズロード某店・定価税込)

『フルモデルチェンジ後モデル登場で、更に使い勝手が良くなったボトルケージマウント追加デバイス』

baruさんをはじめ、ブルベや長距離ツーリングの方が拡めて以来、強烈な夏の猛暑にダブルボトルは必須、できればもっと水分を積みたいとか、でも工具などの収納にサドルバッグは使いたくない、というライダーにまで瞬く間に広まった、ダウンチューブ下の第三のボトルケージ。

なかでも圧倒的なまでの長距離使用レビュー、価格の安さも相まって、一番人気なのがこちらの『ELITE VIP ボトルケージクリップ』。


[旧モデル]

しかし、50mmを超える「ごんぶとダウンチューブ」にとりつけるには、一工夫いるのが玉に瑕でした。
具体的には、
(1)従来の『VIP ボトルケージクリップ』を2つ買ってきて使うか、
(2)『BikeGuyどこでもボトルケージホルダー』のベルクロを、ヘラマンタイトンなどの耐候性グレードインシュロックに付け替えて巻きつけるか、
などの工夫をしないと、長さがたらず設置できなかったわけです。

これが、今回見つけた次世代モデルでは、改善されていましたのでご報告です。


[新モデル]

旧モデルから変わった部分は3箇所。
(1)対応パイプ周長が最大50mmから70mmへ
(2)ベルトの締め上げギミックがネジからフレックスタイトスタイルへ
(3)フレーム接触部のベースが付属。取り付けスケールを兼ねた部品が付属

(1)は一目瞭然。


[新旧のパッケージ。70mm対応]


[新旧並べて。長いほうが新型]

(2)は、旧型ではノコギリ状のベルトをベースに引っ掛け、長いネジをドライバーで締め込む1センチほどで固定していました。腰上まで上げられる作業台がないと、設置には何度かトライアンドエラーが必要でした。
また、振動でずれることはほとんどありませんが、ボトルやグローブなどがベルトの端にひっかかってしまうと、レールからベルトが外れて落ちてしまうことがありました。


[ノコギリ状のベルトをレールに引っ掛けるだけ]

新型では、ベルトの上に切り欠きがあり、渦巻状のネジをドライバーで締めあげると簡単に設置ができる、キャットアイ社のフレックスタイトのようなベルト構造になりました。たいへん締めやすく、脱着も容易です。


[ベース部分の構造に差しこむようになったので、外れることはありません]

(3)は、旧型ではクリップ本体が上下に分かれているため、一本のベルトを仮止めしてからボトルケージを実際にあてがって、それぞれ固定を行う必要がありましたが、新型には上下のマウントをつなぐ、舟型をつないだ形のベースが付属しており、このベースにベルトの一端を通せば、自動的にもう一本のベルトの位置決めもできてしまうという話し。
ちょっとした事ですが、作業のしやすさが段違いです。


[マウントがつながっているので、締めあげたら中心がずれてた、なんてこともなくなります]

固定力自体がかなりガッチリと安心できるまでに高まっており、替えチューブや工具、CO2ボンベなどで重くなりがちなツール缶をしっかりと抱えてくれそうです。
こんな地味で単純なデバイスにも関わらず、固定力の向上はもとより、脱着のし安さも考慮されたバージョンアップが行われたことに、たいへん驚いております。


価格評価→★★★★☆
(円安だしこれだけ完成度高くなると仕方ないんだろうけど、一気に高価くなりました…)
評   価→★★★★★
(ダウンチューブにボトルケージ取り付け穴がないフレームにボトルケージを付けるには、これ以上のものは今のところ無いのではないかと)

<オプション>
年   式→(2014?いつから発売になったかわかりません)
カタログ重量→ ?g(実測重量 40g /ベルト2本、舟型ベース込)
 
baru  2015-2-22 13:55
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ELITE VIP bottlecage clips
購入価格 ¥1100円前後

ELITEのボトルケージ増設パーツ。元々はシングルスピード車やシクロクロス等のボトルケージが付属していないフレームにボトルケージを増設するもの。ただし、最近はブルベ勢を中心に、ダウンチューブのクランク横にツール缶を設置するために使われることが多いパーツです。

2014年後半にバージョンアップが行われ、新モデルになりました。


■購入動機
年末にワイズロードで新モデルになっているのを見て即購入。ただ、使ったのはつい昨日のことです。


■製品概要
実測重量は全てセットで29g。旧モデルは重量をテストしていないので分かりませんが、構造から考えると少し重くなっている気がします。


内容物はバンドが2本と、船型のベースの3点セットです。


■使用感
fukushimanohitoさんが詳しく書いてくれていますが、旧モデルからは構造が一新されています。

(1) 設置

旧モデルは2本のバンドがあるのみでした。仮止めをした後に、実際にボトルケージのネジ穴の位置を合わせた上で位置を決定する必要がありました。しかし、新モデルは2本のバンドの位置が船型のベースで一意に定まるため、頭を悩ます必要がありません。これは便利。


固定方式も、新型になっています。fukushimanohitoさんが書いているように、CATEYEのフレックスタイト方式に似ています。マイナスドライバー使用。


ダウンチューブに取り付け終わった様子。不要部分はカットします。


対応する周長も相当長くなっています。公称では旧モデル(50mm)から、新モデル(70mm)となっていますが、実際にはもう少し太くても使えそう。写真のESCAPE RXのダウンチューブの周長は55mmですが、それでもこれだけ余っています。周長90mmとかでも回ってしまうのではないでしょうか。旧モデルでは対応しなかったTREKのMADONEでも、これなら回りそうです。

(2) 運用

このような感じでGIANT ESCAPE RXに付けて、300kmブルベに参加してきました。

旧モデルでも走行中にズレることはなかったのですが、新モデルの方がより安定している気がします。船型のベースが何気に仕事をしている感じ。ネジ穴の位置が固定されるというのは大きいかも。300km走ってもズレはありませんでした。


■まとめ
設置方式、安定性、共に大きく進化した印象です。かなりのニッチ製品だと思っているのですが、力を入れてバージョンアップさせている所を見ると、実は売れ筋商品なのかもしれません。

旧モデルの1.5倍の値段というのは如何ともしがたいですが、安定性を考えると私は乗り換える価値があると感じました。

価格評価→★★★☆☆(値上がりは痛いですが、開発費を考えると妥当)
評   価→★★★★★(正統進化)
<オプション>
年   式→2014
カタログ重量→ -g(実測重量 29g)


ELITE VIP bottlecage clips を















新着レビュー & 新着記事


新着レビュー(最新60件)

SHIMANO RT5  (シューズ)  2017-5-30 0:07  LZPT2IB
fabric CELL  (サドル)  2017-5-30 0:03  neco_non
THOMSON Elite X2 Stem  (ステム)  2017-5-29 23:45  LZPT2IB
GIANT PROWAY  (ボトルケージ)  2017-5-28 23:51  LZPT2IB
DAZN  (その他(パーツ以外))  2017-5-28 22:28  baru
GIRO×MASH DND gloves  (グローブ)  2017-5-26 22:57  LZPT2IB












CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review