CBN Bike Product Review
TOP >  サドルバッグ > 

TOPEAK Wedge Dry Bag with Quickclip - Large


 
baru  2012-12-25 22:16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
TOPEAK Wedge Dry Bag with Quickclip - Large
購入価格 ¥3465+827

沼シリーズ第三弾。サドル、泥除けに続いて今度は「サドルバッグ」沼である。

何度も沼にハマってる自分を見るにつけ、「神経質だなぁ」と思う。しかし、ロングライドに置いては少しのストレスの積み重ねが後になって効いてくることがある。そうした小さなストレスを削っていく作業が、ロングライドを成功に導くのではないかと思うのだ。


■発端
またしてもキッカケは「TOT」である。何度も書いているが、東京と大阪を往復する1100kmのロングライド企画だ。この企画を行うに当たって装備の選定を行ったのだが、どうやっても今の手持ちのサドルバッグでは容量が足りない。一番のネックとなるのは雨具。上下の雨具というのは想像以上に容積を取る。せめて容量が1リットル以上無いとお話にならない。

それまで使っていたサドルバッグはSKS「RACE BAG M」。容量は1.1Lとそれなりに多いのだが、必要な物は収まりきらなかった。それともう1つ、防水では無いのが問題。

ちなみにバックパックを背負うという選択肢はなかった。以前、背負った状態で300km走ったところ、どうしようもない首の痛みに悩まされたからである。やはりバックパックは体への負担が大きい。

かくして、大容量サドルバッグを求めて「サドルバッグ探しの旅」が始まったのである。


■要件
今回の要件は以下の通り。

 1. 大容量であること
  →1100kmを走り切るために必要な物資が全て入るのが最低条件。1.1L以上は必須。
  
 2. 防水であること
  →雨具を入れるケースが水没しては意味が無い。防水のものが欲しい。
  
 3. 太ももに当たらないこと
  →超後ろ乗りである自分は、シートポストにベルクロを巻くタイプだと太ももに
   バッグがあたってペダリングに集中出来ない。
   
 4. 軽量であること
  →やはり長距離では重さはストレスになるため。
   
デザイン性とかはどうでもいい。とりあえず要件を満たすものが見つかればいい。しかし、それを発見するのはかなり困難な道のりが待っていた。


■比較
要件を見てみると、2の条件でかなり絞ることが出来る。防水のサドルバッグ(に準ずるもの)というものは出しているメーカーは多くない。更に、大容量であるという条件を付け加えると、以下くらいしか選択肢がない。

 ① ORTLIEBサドルバッグ M(1.3L/250g)
 ② ORTLIEBサドルバッグ L(2.7L/330g)
 ③ TOPEAK ウェッジドライバッグL (1.5L/235g)
 ④ TOPEAK RXトランクバッグ (2.8L/570+380g)
 ⑤ TOPEAK ダイナパック(4.0L/500g)
 ⑥ TOPEAK ダイナパック DX (9.7L/720g)
 ⑦ RIXEN&KAUL コントアーマグナム (6.0L/500g)
 
④~⑦は防水ではないが、防水のカバーが付属していたり別売りになっていたりするので候補に挙げた。更にもう1つ、サドルバッグではないが候補に上がったものがあった。トライアスリートがサドルの後ろにボトルケージを付けているアレである。知人が東京大阪キャノンボールをやる際につけており、「使えるかも……」と思ったのだった。

 ⑧ MINOURA SBH-300+ボトルケージ2つ (1.5L/343g)
 
上記重量はブラケット+ボトルケージ+ボトルの総重量である。750mlのツール缶を2個使った場合を想定した。



大集合。


普通に考えれば①②が最有力だろう。ブルベでも使用率がかなり高いORTLIEB。皆が絶賛するのだから良いはず。そう思って買ってきたが……太ももに当たるのである。「それくらいで……」と思う人もいるだろうが、冒頭に書いたようにこういうストレスを自分は許せないのだ。動揺の理由で③も落ちた。どんなに素晴らしいサドルバッグで合っても、足に当たるものは受け入れ難い。⑧は太ももは当たらないものの、尻にボトルケージが当たってしまった。

では、シートポストに括りつける形式のもの(④~⑦)はどうか。まず④。容量も大して大きくないのに重さは約1kg。即却下。ほぼ似たスペックの⑤~⑦のうち、とりあえず持っている⑦を付けて乗ってみたが、これも重い。特に10%以上の坂では後ろに引っ張られる印象さえある。たかだか8kg程度しかないロードバイクに500g以上のキャリアはやはりバランスが悪いのかもしれない。

さて、手持ちの弾が付きてしまった。どれも満足行かない。そんな時、サイスポをめくっていると1台のバイクが目に留まった。日本最速のブルベ超人・黒澤久さんのDE ROSAであった。見ると、黒澤さんの自転車にも大きなサドルバッグが付いている。どうやら付いているのは③のようであるのだが、通常の付け方をしていなかった。謎の棒を用いてセットバックしていたのだ。


便利な時代になったもので、大抵の有名人はTwitter上にいたりする。黒澤さんもいらっしゃったので、思い切って質問をぶつけてみた。あのサドルバッグを繋いでいる棒は何なのかと。


  「通常だと、サドルレールのブラケット+シートピラーにベルクロで固定するのですが、
   これだと登坂時に腰を引いてペダリングするときに、
   内腿にサドルバッグが触れるものでF77 Fixerで逃がしています。」
   
   
なんと、日本最速ブルベ超人も自分と同じ悩みを抱えていたのだ。少し嬉しくなる。

そして、件の棒は「F77 Fixer」というアイテムだと判明。調べてみると、同じTOPEAKが出している純正のアタッチメントであり、ウェッジドライバッグのSサイズに対応。MとLは公式には非対応のようだが、ブラケットの形状は一緒である。ブルベを走るランドヌールらしい工夫で、黒澤さんは課題を解決していたのだ。

早速F77 Fixerを取り寄せ、ウェッジドライバッグと共に自転車に装着。今回入れたかった物資も全て収まった。このF77 Fixerの重量は+100gだが、システムの総重量は379g。走ってみてもそこまでの違和感はない。突き出し量自体はコントアーマグナムとさほど変わらないが、より低い位置に取り付けられるので重心が安定する印象があった。

――イケる。こうして、本番用のサドルバッグはTOPEAK ウェッジドライバッグL+F77 Fixerのコンビに決まったのであった。


■総評
実際にコレを付けて950kmを走行したが、不満は感じなかった。強いて言えば多少重いくらい。少しでも楽をしたかったラスト120km地点の箱根では外してサポートカーに突っ込んでしまった(F77 Fixerはシートポストを抜かないと取れないので付けたまま)。

コントアーマグナムは、ダンシングで車体を振ると、慣性で後輪が揺れるような感じがあった。しかし、こちらではそういったことも無し。セットバックしているので勿論太ももに触れることもなくペダリングに集中できる。防水性能も申し分なく、3時間の雨の中でも全く水没せず。また、TOPEAKのサドルバッグには共通で付いているフラッシャー到着用のループも嬉しい。


ちなみに、側面にスペースがあったので、反射テープを貼り付けてみた。これで少しは横からの視認性もアップするだろう。

不満を言うなら、柔軟性に乏しいところだろうか。ORTLIEBくらい柔らかいと良いのだが、こちらのサドルバッグは骨格がかなりしっかりしており、変形しない。それが安定感に繋がっているかもしれないのだが、中身の入れ方に少し工夫が必要となる。公称容量としてはORTLIEBのMの方が小さいのだが、横方向に柔軟なORTLIEBのMの方が明らかに収納性は高いと思う。横方向に柔軟性の高い本製品の改良版を期待したい。

-----

やはり先人の装備は参考になるものである。特にブルベを走る人たちは無駄な装備は持たず、厳選されたものしか持たない。そんな先人の一人となれるよう、自分の推薦できるアイテムを少しでも紹介して行こうと思うのであった。

価格評価→★★★★☆(サドルバッグとしてはやや高価か)
評   価→★★★★☆(横方向の柔軟性がほしい)
<オプション>
年   式→ 2012
カタログ重量→ 235+95g(実測重量 282+97g)

この商品を探すAmazon, Rakuten, Wiggle, CRC, Bellati, PBK, Tweeks, Evans, Ribble








主要ショップ セール&クーポン情報・人気商品一覧

ショップセール&クーポン
Bellati Sports【短期】Mavic Cosmic Pro Carbon SL UST 2019が送料無料。23日深夜まで
Bellati Sports【短期】Mavic Cosmic Pro Carbon USTが送料無料。23日深夜まで
Bellati Sports【安心】CBNイチ推し! ロード完成車各種を大放出価格にて提供中。日本語サポートあり
amazon.co.jp【無料体験】サイクルロードレースをamazonで見よう!詳細はこちら
amazon.co.jp【人気】XOSS ANT + Bluetooth 4.0対応ケイデンス or スピードセンサー ¥ 2,199
amazon.co.jp【人気】携帯ポンプの新基準!人気のOtureポンプ ¥1,799
Chain Reaction Cycles【最安】Tacx Neo Smart Trainer ¥127,299(送料無料)
ProbikekitCBN10 対象商品がさらに10%OFF
ProbikekitCBN75 37,500円以上購入で7.5%OFF
ProbikekitPBKSS 金額に応じて対象商品が750〜4,250円OFF
ProbikekitVENN20 VENNホイール 20%OFF
ProbikekitPOWER15 パワーメーター15%OFF
ProbikekitZIPP15 ZIPP 2019モデル 15%OFF
ProbikekitFC20 対象のフルクラムホイール20%OFF
ProbikekitTYREMBタイヤ2本で5%、4本で10%OFF
ProbikekitCLOTH15 対象ウェア15%OFF
MyProteinSEP37 37%OFF
Aliexpress疑惑の中華製品 最新クーポン一覧
Bellati SportsGuerciottiフレーム・完成車大幅値引き中
Bellati SportsDe Rosa 2019取扱い開始
Chain Reaction CyclesCLEAR2018 セール品¥15,000で¥2,000 OFF
Chain Reaction CyclesNCV2018 新規アカウント作成¥7,500で¥1,500 OFF
WiggleSUMMER18 初回限定¥7,000で¥1,500 OFF
ProbikekitSHOE15 シューズ15%OFF
ProbikekitWH5 対象ホイール5%OFF
ProbikekitCOMPO10 対象コンポーネント10%OFF
Ribble CyclesTURBO10 対象ターボトレーナー10%OFF
Tweeks CyclesCATEYENEW10 CATEYE製品10%OFF
Tweeks CyclesRITCHEY10 RITCHEY製品10%OFF





価格凍結!スイスの老舗ベラチスポーツ



新着レビュー


deuter Race X   (バックパック)  2018-9-17 21:38  canzana7
自転車の異音  (JOKE)  2018-9-12 18:10  GlennGould
ACRE hauser 14L  (バックパック)  2018-9-9 8:33  EIN
Resistant BOND   (バックパック)  2018-9-9 4:59  EIN
Vipro's De muon  (ケミカル関連)  2018-9-2 10:36  baru








CBN Bike Product Review:サイクルベース名無し は自転車レビューサイトです
自転車に関係のある様々な事物についてお気軽にご投稿下さい
当サイト内の全ての画像および文章の無断転載を禁じます
All right reserved. Posts and articles are property of their respective authors and cannot be redistributed without written permission.

© 2007-2017 CBN Bike Product Review